映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. その他
  2. 3 view

メトロエイジ6号発行!

本日、メトロエイジの発行日の27日です。
実際は、26日午後あたりから、東京メトロの駅置きラックに並びます。
今日、おでかけされる人、
主要な駅のラックをちょっとのぞいてみてください。
私が携わっている「病気を増やさないための健康塾」
今回は「糖尿病」です。
東大病院の門脇孝先生のお話を聞きました。
「ううん、私、糖尿病は大丈夫」と思っているアナタ。
それでも今回の記事は超オススメ。
その証拠が、私です。
先生からお話を聞いたあと、私は万歩計を買いました。
「階段を12、13段上ると、ダンベル体操100回分くらいの効果」というのを聞いて、
私、ここのところ、ずーっと駅のエスカレーター使っていません。
オフィスでも、1,2階の行き来であれば、裏の階段使います。
慣れると疲れないし、
何と言っても「やった!」「これで私も健康だ!」と
ものすごーくポジティブになれるんです。
歩くと20分かかるので、バスに乗ることが多かった駅までの道のりも、
時間に余裕があるときは、歩いています。
ていうか、歩きたくなっちゃうの。
西洋では、
「二本の足は、二人の医者。
 1人は予防の医者、もう1人は治療の医者」と言うそうで、
とにかく歩くことで、人間は健康・長生きになるというのです。
「歩く」と「腹八分目」は、長生きの秘訣だとか。
認知症予防にもよいそうですよ。
「腹八分目」といっても
「粗食じゃなくていい。おいしいものを少しだけ」というのがウレシイ。
今回の記事では、
自分が「かくれ糖尿病」の可能性を判定できるわかりやすいチャートもあります。
ぜひ、読んでください。
階段の話もそうですが、
「今より3キロやせれば、お腹周りが3センチ減って、
 糖尿病になるリスクが20%減る!」というのも、ものすごく励まされます。
今が何キロだったとしても、
とにかく3キロ減量!
それで健康にぐぐっと近づくこと、請け合いです。
・・・といっても、その3キロが難しいんですけどね。
でも、
「減らそう。減らしたい。減ったかな?」のモチベーションの問題ですから。
そうそう、
先生のお話をうかがう前から、ある人のブログを読んでいて、
その人の「歩く」毎日が非常に印象的だったこともあって、
私に「歩こう」と思わせてくれました。
この場を借りて、彼にも感謝。
(私の歩く量など、彼の足元にも及びません)
とにかく!
今日からあなたも、「歩く」を意識してみませんか?
(あまり歩いていない人、いきなりたくさん歩かないでくださいね。
目標8000歩だけど、最初は3000歩くらいから、とページにもまとめてあります)

その他の最近記事

  1. サイト内検索ができるようになりました

  2. 「ガムザッティの感動おすそわけブログ」2006年〜2019年の道のり

  3. 現在のアクセス数

  4. 新年のご挨拶

  5. 明けましておめでとうございます

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP