映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 0 view

内容充実! Kバレエフレンズ会報 Devant No.4

Kバレエフレンズ(Kバレエカンパニーのオフィシャルファンクラブ)で、会報をリニューアルし、
「Devant(ドゥヴァン)」という正方形の小冊子になったことは、以前も紹介しました。
そのときも、内容が充実していますよ、というお知らせだったのですが、
4号は輪をかけて内容が濃く、熊川哲也の30年、Kバレエの20年、浅川紫織や宮尾俊太郎の15年がまるごと味わえる素晴らしい1冊となっています。
もしおうちにあるけどまだ読んでいない方は、必ず目を通してください!
特に岡村啓嗣氏と熊川との対談は、読んでいてこれまでの30年が走馬灯のように脳裏を駆け巡る!
宮尾・浅川の対談も、彼らが大きなタイトルロールを初演するときの気持ち、熊川の稽古の付け方の徹底ぶりなどが垣間見え、心が震えます。
「New Pieces」の作品解説も、振り付けた本人の構想が率直に語られており、バレエの深淵に触れる思いです。
もしお友達にKバレエフレンズの会員がいらっしゃったら「読んだ?」と声をかけてみてくださいね。

舞台の最近記事

  1. 3月・カンゲキのまとめ

  2. 2月・カンゲキのまとめ

  3. Kバレエ「第九」

  4. Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)

  5. 1月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP