映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 0 view

7月・カンゲキのまとめ

6月カナダに行っていたツケというか、死ぬほどやることがいっぱいあった7月。
舞台のほうも、歌舞伎5、能など2、バレエ3、ミュージカル2で12、
映画は自主上映を含む3本でした。
【歌舞伎】
七月大歌舞伎(昼の部)「柳影澤蛍火/流星」@歌舞伎座
七月大歌舞伎(夜の部)「荒川の佐吉/鎌髭/景清」@歌舞伎座
七月大歌舞伎(昼の部)「与話情浮名横櫛/夕霧名残の正月/小さん金五郎」@松竹座
七月大歌舞伎(夜の部)「菊畑/口上/鳥辺山心中/芋堀長者」@松竹座
七月歌舞伎鑑賞教室「卅三間堂棟由来」@国立劇場
【能・狂言・琵琶】
テアトル・ノウ「山姥」@宝生能楽堂
琵琶五人会@大阪国立劇場小ホール
【バレエ・ダンス】
Noism「バヤデール」@KAAT神奈川芸術劇場
Kバレエ「トリプル・ビル」(アルルの女/ラプソディー)@オーチャードホール
スーパースターバレエガラ@東京文化会館
【ミュージカル】
「ジャージーボーイズ」(RED)@シアタークリエ
東宝ミュージカルアカデミー「つきのふね」@ダイジョースタジオ
【映画】
「インパール1944」「杉原千畝を繋いだ命の物語」@立川artistic studio LaLaLa
シネマ歌舞伎「砥辰の討たれ」@MOVIX柏の葉
今月のMVPは…文句なし!片岡仁左衛門&中村雀右衛門の「鳥辺山心中」でありんす。
仁左衛門が雀右衛門の肩に手を回す、その手にやさしさと色気が溢れて胸が痛くなるほど!
私は筋書(プログラム)はいつも買うけど、舞台写真は原則買わないのですが、
今回はどうしてもほしくて、でもタイミングを逸して買うこと能わず、
その後観劇で大阪に行く人に1人頼んで間に合わず、それでもあきらめられずに
もう1人に頼んで買ってきてもらった、という、本当にうっとりするほどの舞台でした。
同じ松竹座夜の部の「菊畑」も素晴らしく、なかなか出ない格調の高さ。
中村歌六の鬼一法眼の貫禄、梅玉の若々しい牛若丸、温かみのある橋之助の鬼三太、孝太郎の恋する中にも気高い皆鶴姫、最近太い役も難なくやってのけるようになった亀鶴の湛海。
今月、私の初体験は琵琶の生演奏です。
語り物のルーツがここにあるんだと思うと、歴史をたゆたう気分。
「アルルの女」「オールスターバレエガラ」については、別記事で書きました。
「ジャージーボーイズ」は、
中川君、藤岡君目当てで行きましたが、ゴーディオ役の矢崎広の声もよかった。

舞台の最近記事

  1. 3月・カンゲキのまとめ

  2. 2月・カンゲキのまとめ

  3. Kバレエ「第九」

  4. Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)

  5. 1月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP