映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 0 view

宝塚宙組「トップハット」@赤坂ACTシアター

私は映画「TOP HAT」が好き!
フレッド・アステアが華麗に踊るこの映画を観たときの
レビューがこちら
そのとき、奇しくも感じた「宝塚」。
そう、
細身の燕尾で踊る群舞は、
まさに宝塚そのもの!
だから、
待っていました、このときを。
そして、
アステアの向こうを張って、少しもがっかりさせなかった朝夏まなと
心からのアプローズを捧げましょう!
余裕の笑みで上半身の柔らかさを保ちつつ、
華麗なオーラを放って「スター ジェリー・トラバース」になりきっていました。
素晴らしいトップお披露目公演になりましたね。
朝夏だけじゃない!
ふっかふかのソファに長い脚を投出して座る
朝夏まなと七海ひろきの、
その「男らしい」カッコよさに、
ほれる~~~!
執事ベイツの生真面目さとおっちょこちょいさを
本当に巧みに表現した寿つかさに乾杯!
イッターリア人をこれでもか、というくらいカリカチュアしたアルベルトを
なんの臆面もなくはじけまくって表現した愛月ひかるにブラボー!
女性陣も歌がうまい!
実咲凜音だけでなく、
後半しか出てこないのに、存在感MAXの純矢ちとせ
素晴らしい歌唱力でした。
とにかく、
宙組全体のレベルの高さに脱帽!
タップも、その他のダンスも、歌も、コーラスも、
コメディタッチな演技あるなか品があって、
優雅な雰囲気も、脚の長さも、
三拍子、四拍子そろって名作をさらに名作に仕立てていました!
楽曲がいいのはいうまでもありません。
その楽曲が、宝塚の得意分野の範疇にビターっと合ったってことでしょうか。
もう、
時間とお金があったらあと100回観たいですよ。
(どこまで「TOP HAT」押しなんだ??)
会場がACTシアターで、最後に朝夏まなとの挨拶がありました。
「みなさんに、ハッピーは届きましたでしょうか?」
そうなんです。
この「トップハット」って、
メジャー(長調)の曲オンリー!
マイナー(短調)の曲が1つもないんです。
どこまでもポジティブ、どこまでも陽気、
どんな勘違いがあっても皆ポジティブに乗り越える、
そんな「ハッピー」な物語!
カネ遣いの荒い妻に悩む夫も、
二股不倫男に悩む女性も、
好きな女性にひっぱたかれる男性も、
結婚できたと思った女性をもっていかれる男性も、
みーーーーんなポジティブ!
それも出てくるのは
お金持ちかスターか美男か美女かしかいない!!
21世紀に、こんな能天気な話を、
「夢物語」ではなく「素敵な話」としてうっとり魅せてくれるのは、
きっと宝塚しかないんじゃないか??
3時間、ステージを観ている私はずーーーーーっと笑顔でした。
気づくと、自分の口角が上がっている。
素敵な3時間を、本当にありがとう!!
ぜひ、ぜひいらしてくださいね。
クウォリティ高いです。
公演詳細はこちら。20日までです。

舞台の最近記事

  1. 3月・カンゲキのまとめ

  2. 2月・カンゲキのまとめ

  3. Kバレエ「第九」

  4. Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)

  5. 1月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP