映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 4 view

「ZED」@東京シアター(舞浜)

シルク・ド・ソレイユのパフォーマンスは、
お台場にテントが張られたときに見た以来でしたが、
いや~、「ZED」は凄かった!
次から次へと繰り広げられる、
人間の肉体が織りなす最高以上のパフォーマンス。
いわゆるイリュージョンではなく、
体操とかトランポリンとか、
チアリーディングとかバトントワリングとか、
そして武術とかバレエとか…。
みるからに筋肉モリモリだったり、
カモシカのようにムダのないシルエットだったり。
アスリートたちのエキジビションっていう感じでしょうか。
失敗は許されぬ舞台で、
持てる力を完璧に、それも美しく披露する人々の競演でした。
そう、「美しく」
これがキーポイント。
舞台装置や照明、衣裳、音楽など、
ショウとしてのハコのセンスが実に上品で、
あるときは深海を泳ぐ人魚、
あるときはオリエンタルな雰囲気、
あるときは、天使が空から舞い降りる感じ、
万華鏡の中に迷い込んだごとく、
ヴィヴィッドな色彩の空間が次々に現れます。
「本」を使った冒頭の仕掛けも幻想的で、
本当に感心するほどスキのないパフォーマンス。
「うわー!」「いやー!」「すごーい!」と言うばかりで、
どこで拍手していいのかわからないくらいっていうか、
すごすぎで、本当は拍手喝采するべきものさえフツーに見えちゃう、
びっくりのレベルの高さでした。
演奏もナマ、ディーヴァとディーヴォの歌もナマ。
最高のメカを使いながら、
人間の力を信じて作られた、奇跡のライブ・パフォーマンスです。
作・演出は映画監督でもあるフランソワ・ジラール、
音楽はレネ・デュペレが担当。
オペラとミュージカルを意識したといいます。
あるときは民族音楽、あるときはジャズ、な演奏も抜群。
彼らの楽器、として衣裳もまた、背景に溶け込みます。
今回、私はほぼ中央の前から4列目という、
ものすごく良席を得ることができました。
丸いステージと客席とがとても近いし、
ステージと客席との段差も少ないので、
迫力です。
ジャグリングでは右から左へ飛ぶ松明のスピードに
目がついていけないほど。
その上、自分の上をフライングです。
綱渡りや空中ブランコなど、
一体どのくらいすごいことか、肌で感じます。
バトンを振り上げたその高さに驚きます。
とにかく、
機会があったら一度どうぞ。
運動能力と表現能力がここまで融合して開花するって
なかなかないと思う。
人間って本当にすごいと思います。
期間限定のyoutubeオフィシャルチャンネル映像も、
「ZED」のビデオギャラリーサイトから見られます。
もちろん、映像や写真で切り取ってもなかなか本物の味とは違うんですが、
片鱗をお楽しみください。
ナマは100倍楽しめます。

舞台の最近記事

  1. 5月・カンゲキのまとめ

  2. 4月・カンゲキのまとめ

  3. 3月・カンゲキのまとめ

  4. 2月・カンゲキのまとめ

  5. Kバレエ「第九」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP