映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 0 view

「リチャード二世」@さいたま芸術劇場インサイドシアター

蜷川幸雄率いるさいたまネクスト・シアターの公演です。
さいたまネクストシアターの公演はこれが6回目。
シェイクスピア作品では前に「ハムレット」を上演していますが、
「彩の国シェイクスピア・シリーズ」に数えられるのはこれが初めてです。
完結まで「あと7本」に迫った「彩の国シェイクスピア・シリーズ」が
いまや蜷川の寿命との競争になりつつあるのが心配なところで、
そのために今回のを1本と数えた、とうがって考えてもしまう私。
プロデュース作品というのは、
人気俳優に声をかけるだけに、スケジュール調整は至難の業。
だから、
蜷川作品に専念できる人たちで構成されるネクストシアターで作るのは
当然といえば当然かもしれない。
それだけネクストシアターの実力が認められたということでもあります。
ただ、
今回はゴールドシアターの面々も急遽出演が決まり、
このゴールドシアターとのコラボレーションが、非常に功を奏したと思います。
お時間のある方、ぜひさいたま彩の国芸術劇場までお運びください。
最初の5分間を見るだけでも価値があります!
冒頭でどれだけ観客を演劇の世界に引きこむことができるか、
蜷川幸雄の演出は、それに尽きるとさえ言われ、
本人もそこを常考えてコンセプト作りをしています。
今回も、ド肝を抜かれました。
パンフレットにある
韻文で書かれている「リチャード二世」を
「イメージで飛ばす」というのはこういうことか!と
本当に、惚れ惚れしました。
まだ19日まで公演がありますので、
楽日すぎてからもう一度加筆しますね!
オドロイテほしいので。

舞台の最近記事

  1. 3月・カンゲキのまとめ

  2. 2月・カンゲキのまとめ

  3. Kバレエ「第九」

  4. Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)

  5. 1月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP