映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 11 view

2月・カンゲキのまとめ

ほんとにレビューを書けてません。
いろいろいっぱいいっぱい。
でもなんだかんだ観劇しちゃう。
ということで、観るだけは観ている私。
【歌舞伎】
「二月大歌舞伎」「吉野山」「新皿屋舗月雨暈」@日生劇場
「二月花形歌舞伎」(夜の部)「GOEMON」@松竹座
【文楽】
二月文楽公演(第一部)「摂州合邦辻」@国立劇場小ホール
二月文楽公演(第一部)「小鍛冶」「吉田屋」「関取千両」@国立劇場小ホール
二月文楽公演(第一部)「妹背山婦女庭訓」@国立劇場小ホール
【演劇】
「オイディプス王」(さいたまネクストシアター)@彩の国さいたま芸術劇場
【音楽】
舘野泉・ピアノリサイタル@大阪サンケイブリーゼホール)
【映画】
「塀の中のジュリアス・シーザー」@銀座テアトルシネマ
「ジーザス・クライスト・スーパースター アリーナツアー2012」@イクスピアリ
この中からMVPとか、意味ない気がするが、
レビュー書いてないので、短感含めて少し書きます。
最優秀作品を一つ挙げるとすれば、
それは「GOEMON」だと思う。
まず新作であること。
(正確には再演。システィナ歌舞伎でやっているけど、花道のあるところでは初めて)
「歌舞伎でフラメンコ」とか書くと、ちゃんとした歌舞伎じゃないみたいだけど、
これぞ歌舞伎ですっ!
歌舞伎の名場面を無理なく入れ込むところも歌舞伎の作り方をしっかり踏襲。
そこがすごい。
また、
「フラメンコ入れたら派手になるんじゃない?」みたいな軽いノリではなく、
イスパニアやフラメンコの必然性をきちんと入れてる脚本。
その上、
一級品のフラメンコをちゃんと登場させて、歌舞伎と対等に対峙させている。
ギターと大薩摩の掛け合いとか、考え方が憎い!
会場すべて使っての立ち回りや宙乗りもサービス満点。
「大当たり!」の掛け声にやんやの喝采。みんな満足げな顔でした。
座頭の愛之助以下、壱太郎、梅枝、松也、種之助、吉太朗、みーんな頑張ってた!
東京での再演を希望します。
初めて歌舞伎を観る人も絶対楽しめます。
最優秀演出賞は、
今さら感で言うのも口はばったいですが、「オイディプス王」の蜷川幸雄に。
もう、のっけからノックアウトだし、
コロスに津軽三味線みたいの弾かせるし、叫ばせるし、走らせるし、
草食男子とか言われる今の若い子を、あそこまで汗みどろにさせるって
それだけで、
この演出家の力はハンパない。今さらながらにそう思った。
オイディプス王が、どうしてあそこまで真実を明らかにしようとするか、
その先の絶望を予感しながらも、
「自分とは誰か」を知らずにはいられないその衝動が
今回痛いほどわかった。
川口覚、いい。私、ほんとに彼の演技が好き。
でも、
やっぱりコロスが凄い。
さいたまネクストシアター、目が離せません。
最優秀助演男優賞に、市川染五郎を。
「新皿屋舗月雨暈」の磯部主計之助、絶品。
この人の、背筋が寒くなるような悪人、絶品!
美しい、恐ろしい、でもなんだか可哀そう、の三拍子揃ってました。
同じく「新皿屋舗月雨暈」の、主演・宗五郎の幸四郎や、お蔦の福助もよかった。
けど、「吉野山」は私は今一つだったな~。
菊五郎/時蔵や、猿之助(現・猿翁)/芝翫のを観てしまってから、
私のなかの「吉野山」、かなりハードルが高くなってる!
でも、
今月の私の心をもっともとらえたのは、文楽です。
まだ文楽を、簡潔に語るコトバを持っていない私。
ここではパッと感想が書けません。
もっともっと、文楽は観ていこうと思います。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP