映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 7 view

「冬のライオン」@グローブ座

今朝はちょっと急いでいるので、
今は簡単な感想しか書けないのですが、
とにかく素晴らしい舞台なので、
迷っている人は絶対行ったほうがいいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平幹二朗と麻実れいが織り成す、
老獪なイギリス王と王妃の丁々発止の挑戦的な会話が
虚実ないまぜで、
どこまでがウソだどれが本音かまったくわからない。
すべてが陰謀のための「演技」かもしれないし、
大体、
「好きだ」と言ったそばから「キライだ」は当たり前、
憎たらしいのか死ぬほど愛しているのか、
離れられない腐れ縁を断ち切りたいのか結び合わせたいのか、
見ているほうも演じているほうも
会話と表情のラビリンスでぐるぐる回る3時間、なのである。
老夫婦だけではない。
そのラビリンスの中に、
次の王権を狙う三人の王子(三浦浩一、廣田高志、小林十市)と
フランス王(城全能成)も入ってくる。
イギリス王の歳若き愛人にしてフランス王の妹、
その上これから王子の誰かに嫁がされるかも、という
アレー姫(高橋礼恵)までからんで、
ひとつの家族の中で、
それぞれが生死を賭けて運命と闘い、あがき続ける。
そこに見え隠れする「愛の渇き」……。
力のある役者でなければ務まらない舞台である。
平・麻実以外のキャストも素晴らしい。
声がよく通り、感情のぶれや去来がよく伝わる。
とくに小林は、
バレエダンサー出身とは思えない声の通りで、
ちっとも見劣りしなかったのがうれしい。
鍛えられたチームである。
これから半年間で全国56ヵ所をまわる。
お近くでやる方、お見逃しのないように。
東京でもめったに見られない、秀作である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「冬のライオン」
東京公演は、新大久保のグローブ座で1/24(日)まで。
1階の最後列でしたが、こぢんまりした劇場ですし、
馬蹄形のつくりが非常によくできていて、
大変見やすかったです。

舞台の最近記事

  1. 動画配信を始めました。

  2. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  3. 8月・カンゲキのまとめ

  4. 青年座「DNA」@シアタートラム

  5. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP