映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 11 view

東京国際映画祭2009始まる

いよいよ今日からですね。
今日は「石油プラットフォーム」というドキュメンタリーの試写を見てきました。
一般公開は明日です。
とても面白かったので、おすすめです。
かつてソ連が開発したカスピ海の油田のプラットフォームの
現在の姿とそこで生きる人々を描いた作品で、
60年間そこで働いてきた女性の話や、
1990年台は内戦のために兵士だった男の人の話とか、
一人ひとりがとても生き生きと描かれていて、
まったく飽きないいい映画でした。
昔のソ連のプロパガンダ映像がいくつもさしはさまれていて、
そのなかでボリショイのオペラ歌手やバレエダンサーが
慰問に来ている場面もありました。
国家がどうのこうのといいながら、
やっぱり人は、家族を養うためにがんばって働くんだな、と
つくづく「労働者」ってすごいと思わせた映画。
それにしても、
ここは昭和30年代の炭鉱かっていう
劣悪な環境が今も続いていることにビックリ。
シャワーもトイレも共有なんだから。
「プラットフォーム」というよりは、
長崎の軍艦島っていう感じでした。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP