映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 5 view

「Fly、Daddy、Fly」


♪フライ, ダディ, フライ コレクターズ・エディション
岡田准一・堤真一の競演が光るハート・ウォーミングな秀作。
。 高校生の長女が政治家のドラ息子に殴られたのをきっかけに、
マジメなだけが取柄の気弱なサラリーマン堤真一が、
娘の敵討ちのために、出世も諦め、長期休暇をとって体を鍛える。
「闘い方」は、岡田准一扮する在日の若者に教わることになる。
作りはマンガチックだが、テーマはディープです。
堤は、自信と愛情を取り戻す父親を、涙と笑いの緩急自在に好演。
いつも思いますが、堤さんは若い役者を立てつつ、
自分の演ずる登場人物の魅力を120%引き出して、
絶対に負けることがありません。
舞台で磨いた演技、カラダやカオで表す細かい感情・・・。
いい役者です。
コメディとシリアスが交互するこの映画にあって、
彼の存在は絶対不可欠だったことでしょう。
岡田は、まるで星一徹が飛雄馬をおしえるような貫禄を持ちながら、
いつか「弟子」の堤に心を開いていく孤独な青年を、
非常に繊細に演じています。
そして、かっこいい・・・(溜息)。
彼の身のこなしの、すごいこと!
とにかく、岡田くんを観るだけでも価値がある!
家族全員で、楽しく、じっくり見られる映画です。
*2006年9月3日のMixi日記をもとに、書きました。
*今年のGWに、韓国版リメイク作品が公開されます。
 試写を見たので、封切りが近くなったら紹介しますね!

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP