映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 12 view

「サイモン・バーチ」と人生のMission


 ブエナビスタ・ホームエンターテイメント サイモン・バーチ
父親が誰だかわからない、ということが非常に負い目で
優秀なのに自分に自信が持てない主人公。
彼のことを励まし、認め、そして口さがない奴らに毒舌を吐いて黙らせるのは、
サイモン・バーチ。
先天的な疾患を持って生まれ、外見的にもハンディを持つ同級生だ。
サイモンは自分を卑下しない。
まっすぐ前を向いて、そしてマジメでもない。
イタズラはする、ヒンシュクは買う、文句はいう、反省はしない。
ショーガイシャだからって、誰にもメーワクかけないで生きなきゃならないって法律はない!
そんな「ごくフツーの」高校生として、彼は日々を過ごそうとしている。
自分の身体的な疾患について、何のひっかかりもなく生きてるように思えたサイモンが、
クラスメイトたちと一緒にアクシデントに見舞われたとき、
彼は目を輝かせて言う。
「僕はこのために、小さく生まれてきたんだ!」と。
そうなのだ。
彼はずっと問い続けてきた。
「なぜ、僕は、こんな身体に生まれてきたの?」と。
その答えが、アクシデントの中にあったのだ。
彼は、皆を助けるために、嬉々として「役目」を果たす。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大好きな映画なのだが、
このラストが納得できないでいた。
「あんな」ことのために「小さく」生まれてこさせた「神様」って
一体なによ??
あまりにも可哀相すぎて。
その「Mission」にすがり付いて存在意義を見出そうとするサイモンが
あまりにも哀れで。
そうじゃないでしょ、そこじゃないでしょ、あなたの存在意義は。
そう言ってあげたかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日、
私は自分の「Mission」を自覚した。
それは、
電撃的な瞬間だった。
まるで雷に打たれたような。
自分がこの世にある意味を知る。
「なぜ生まれたか」
「なぜ今までのような人生を送ってきたか」
あの小説も、あの映画も、あの舞台も、あの勉強も、あの体験も。
すべてはこの戯曲を書くために必要な布石だったのだ、と
すべてが私の中で一つになった。
これを書くために、これまでの日々があった。
一つたりとも、不要なものはない。
どんな回り道も、全部必要だった。そう思うことができた。
特定の神様を信じていない身なので、
「神の啓示」とは言わないが、
これは、
きっとそういう類の衝撃なのだ、
これを身に浴びたら
すべてを捨てて巡礼者になってしまう、
なってしまえると確信した。
リクツやで、神様にも皮肉まじりに物申していたサイモンが
自分の一番のハンディを、
誰よりも素晴らしいものとして心の底から認めることができた
そういう至福の気持ちを、さいお
私は今日、初めて理解ができた。
もう一度、観てみようか。
サイモン・バーチの生き方を。
また違った見え方がするかもしれない。
そして、
私は私のMissionに邁進するぞ!

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP