映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 5 view

「第9地区」


【33%OFF!】第9地区 【WARNER THE BEST ¥1500】(DVD)
噂の「第9地区」、未見だったものをWOWOWで視聴しました。
最後まで見せる力はすごいですね。
また、人間の本性のいやらしさをどこまでもえぐっているところが
ハリウッド映画とは違う部分かもしれません。
あちこちに散りばめられている言葉や行為はそのまま、
これまでの人間が人間を差別してきた歴史を映しています。
でも……。
好きな映画かって言われると、どうかな~。
白人、黒人の描き方がステロタイプすぎないか?
差別主義者だった白人男(ヴィカス)は
最後の最後、自分の命を投げ捨てても「友」を助ける。
しかし黒人はヴィカスが持った「力」を得ようと
どこまでもハイエナのように追いかけてくる。
黒人はまじないを信じ、「力」を得るために「肉」にかぶりつく……。
「差別する人間」を描いている作品ならば、
こういうディテールにもっと注意を払ってほしいなって思う。
それだけでなく、
登場人物すべてが記号のように「何か」の象徴で、
人間としての「揺れ」がほとんど描かれていないのが気になる。
「揺れ」るのはヴィカスだけだもんね。
そこが物足りなかった。
前評判が大きかっただけに、ちょっと失望。でした。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP