映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 15 view

「團十郎復活~六十兆の細胞に生かされて」


【送料無料】團十郎復活
私は難病ものが苦手である。
当時者にその気がなくても、
どうしたって「同情」路線か「感動」路線かのどちらかになってしまいがちだ。
病気であったり障害であったり、
何かしらハンディを負って生きる人を語るとき、
「かわいそうねえ、お気の毒ねえ」という対岸の火事的憐れみでもなく
「勇気をありがとう!」的な無責任な楽観主義でもなく、
どうしたら当事者の真実を語れるものなのか。
市川團十郎という人は、白血病という病を得、闘病し、
復活し、再発し、またまた復活し、今に至る。
しかし彼の最近の活躍ぶりを見ると、そのことを忘れてしまいそうだ。
今回この「團十郎復活」という本を読んで、
彼がいかに大変な道のりを歩いてきたかを思い知るとともに、
その道を淡々と、客観的に、だが自分のこととして、
しっかりと描ききっているその筆致に本当に感服した。
白血病という病とその治療法をひもといた本としても秀逸。
闘病記としても一流。
そして、
その病とともに生きる舞台人としての覚悟と発見の日々が
あますところなく披露されている。
病してますます芸が、徳が、深くなる。
生きるとは何か、死ぬとは何か、
生きがいのある人生とは何か。
そこに哲学がある。
読む価値のある本だと思った。

本の最近記事

  1. 「桜桃忌」に寄せて

  2. 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」@村上春樹

  3. 「ヴィヨンの妻」@シネマナビ342

  4. 「人間失格」@シネマナビ342

  5. ユゴー「クロムウェル序文」と「エルナニ」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP