映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 8 view

「ライフ」完成試写会@六本木ヒルズTOHOシネマ

BBCの地球ドキュメンタリー映画はいつも迫力満点ですが、
今回のも「どアップ」がすごいです。
動物達の生態を、すぐ隣りで見物しているような映像。
日本語版は、松たか子と松本幸四郎の親子がナレーションをしていて、
これがとってもいいです。
とくに松さん。
淡々とした口調の中に、ひたひたと感情の潮が満ちてくる感じ。
キツネに狙われたシカの赤ちゃん。
初めてキツネを見る。
「逃げろ、と、本能が叫んでいる」
松さんの声がいい。客観的ではあるけれど、臨場感が迫る。
この場面を見ながら、
そうだ、私たちは今、未曾有の原発事故の影響下で、
これが一体どういうものかなんて、ちゃんとした過去の分析を持たない。
その上、現在のデータすら手に入らない。
けれど、本能が叫んでいる。
「逃げろ!」と。

本能で子どもたちを守ろうとしている。
親が子を守ろうとするのは、それは本能なんだ、と改めて思った。
完成披露試写会だったので、
それも世界初のお目見えというタイミング、
イギリスから監督もいらっしゃったし、
松さんや幸四郎さんもかけつけて、豪華でした。
監督さんたちは「私たちは日本語はわからないけれど、
最初の5分を聞いただけで、松さんと幸四郎さんの声がイメージに合っていた、
父と娘にナレーションをしてもらったのは、
家族を大きなテーマにした今回の映画にぴったりだ」と
とっても満足そうでした。
幸四郎さんの「今、芝居をするということが難しくなっていますが、
この時期に、このお仕事を引き受けさせていただいたことをうれしく思います」
「歌舞伎には襲名というものがありますが、 襲名の『名』は『命』につながります。
 私にとって、松たか子は、命をつなげたもっとも大切なものでもあります」
というコメントが
とても印象的でした。
「ライフ」は9月1日からです。
(このリンクから、きれいな映像が見られますが、重いかもしれないです)

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP