映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 2 view

「父親たちの星条旗」


これは稀代の反戦映画、というより、反国家的映画である。
「硫黄島からの手紙」が、日本人にとって「忘れてはならない過去の記憶」であるのに対し、
「父親たちの星条旗」は、今、アメリカ人がつきつけられている「国家と個人」を問うている。
軍艦から誤って落ちた兵士を見捨てる国家。
必死で白兵戦を戦い抜く兵士を誤爆で殺す国家。
戦地から帰ってまもない兵士に対して、
国債集めの記念式典で再び戦闘服に着替えさせ、
爆発音と焼夷弾の光と見まごう花火の嵐の中、
張子の「山」に再び「旗」を掲げるパフォーマンスを要求する国家。
隣りで死んでいった者たちのための純粋な思いは、
国家によって巧妙に、残酷に利用され、そして捨てられていく。
それは1枚の写真によって「英雄」にされてしまった60年前の3人も、
ベトナムやイラクで戦った大勢の兵士たちも同じなのである。
「星条旗」には、日本人はほとんど出てこない。
ほんの小さな島の中に蟻のごとく地下壕を掘りめぐらし、
3日間の爆撃でもほとんど死ななかったという2万人の日本兵が、
どこからともなく狙ってくるその恐怖を、アメリカ人の眼から描いたという効果は絶大だ。
しかしそれ以上に、
「敵は誰か」など、製作者にとっては何の意味も持たなかったと言える。
国が戦えというから、軍隊に入った。
送り込まれるのは太平洋の島なのか、砂漠なのかもわからない。
どんなやつと戦うのかも、どんな戦いが待っているのかも知らない。
気がつけば、きのうまでふざけあっていた戦友が血みどろで死んでいる。
恐怖と憎悪で、自らも人間を殺しまくっている。
そんな地獄を生き抜いて還ってくれば、
お偉方は銀のフォークで毎晩うまいものをたらふく食っているというギャップ。
「何のために戦ったのか?」
島の陥落が、そのまま本土の危機につながる日本兵の方が、
よっぽど戦う理由があったはずだ。
彼らは「家族のため」でもなく「戦友のため」としか言えなかった。
PTSDに苦しむ帰還兵たちの問題は、
アメリカにとって、「過去」のものではない。
この物語の原作『硫黄島の星条旗』は、英雄の一人「ドク」の息子が、
父の死後、「なぜ父は沈黙を守ったのか」を知りたくて書き始めた(上の写真は表紙)。
病床で年老いたドクが「何も話さなくて悪かった。いい父親ではなかった」と告白する場面。
日本でも、戦場から還った多くの兵士たちは、
自分たちの経験をほとんど話さない。
ひどい経験だったから。わかってもらえないから。
自分に一つの非もない戦いなどないから。
しかし、語ってほしい。伝えてほしい。
そうでなければ、また、同じことが起きるかもしれない。
「英雄は、それを必要とする社会があるから作られる」という言葉には、重低音の響きがある。
自らを正義と信じ「世界の警察」を自認し、ハッピーエンドと英雄を好むアメリカで、
この映画が作られたことは、ほどんど奇跡に近いと思った。
それも「どのくらい売れるか」が重要なハリウッド映画として、である。
興行不振とも伝え聞くが、最初から大ヒットするジャンルではない。
ヒットメーカーのイーストウッド、スピルバーグが作ったことで、
すでに人々は関心を寄せる。「メジャー」になるのである。
評価は高い。原作の本もヒットしたという。
恐るべし、アメリカ。
もちろん、テーマ性だけでなく、作品としての質も高い。
現在、戦時中、戦後という時間の前後、
アメリカ本土、硫黄島という場所の移動。
非常に多角的で複雑な展開でありながら、無理がない。
「戦いの虚しさ」を描きながら、「戦った人」への敬意を忘れない作り方は、
製作者の誠実さを物語る。
脚本のウィリアム・ブロイレスJr.は、ベトナムにも従軍している。
アメリカはまだまだいける。
自由の国アメリカは、健在だった。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP