映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 3 view

マニュエル・ルグリのスーパーバレエレッスン


NHKスーパーバレエレッスン
12月のはじめから、NHKの教育テレビでオペラ座のエトワール、
マニュエル・ルグリによるレッスンを放送しています。
非常にわかりやすく、かつ舞台を観るのと同じくらい感動する美しさです。
ルグリの人となりもよく出ています。
今夜は先週に引き続き、「眠りの森の美女」のレッスンです。ぜひごらんください。
以下は、第一回放送の翌12月6日、Mixiの日記に書いたものの転載です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何気なくテレビをつけたら、ルグリがレッスンをつけているではないか!
これは何? 12月5日から始まったNHK教育テレビの
「スーパーバレエレッスン パリ・オペラ座永遠の美」。
オペラ座の男性エトワール第一人者にして、
世界に名だたるプリンシパル、マニュエル・ルグリが
オペラ座の若手を使って
パ・ドゥ・ドゥの勘所などを指導するのです!
第一回は、「ジゼル」二幕から、再会のパ・ドゥ・ドゥ。
ルグリがどんなところに気をつけて身体の線を美しく見せたり、
相手役の女性をリフトしたりするかがよくわかりました。
明確な言葉で修正点を指摘するとともに、
直ったところをすぐにほめる、そのタイミングもすごい。
しかし、ちょっとした動き、そして静止が、
若手男性とルグリで全然ちがう、というのも如実にわかる。
少しバレエをかじった人、
バレエをやってないけど、観たことはある人、にもオススメ。
もっとバレエが好きになります。
それで、彼らがレッスンやってる場所が、オペラ座のレッスン場なの!
天井が丸いドームになっていて、
思わず「オペラ座の怪人」を思い出しました。
オペラ座バレエのうんちくもあるみたいだし、
毎週火曜の午後7:25、もしくは毎日曜の午前7:40から、
ぜひぜひチャンネルを合わせてみてください。
ちなみに。
この「スーパーレッスン」シリーズでは、
名ピアニストによるレッスンが一番多いのですが、
私は平成5年にやった
シプリアン・カツァリスの「ショパンを弾く」
に心底感銘を受け、ショパンに近づける気がして、
この時は彼の解釈が載っているテキストスコアを買い
本気で数曲練習しました。
一流のアーティストの頭の(心の?)中には、
素晴らしい音楽と映像が流れているのです。
彼らは、「言葉」によっても、
それらを十分表現できることが、わかります。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP