映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 4 view

首藤康之@「今日と明日の間で」(東京国際映画祭2011)

素晴らしいドキュメンタリーでした。
冒頭、首藤さんのパフォーマンスに一気に引き込まれ、
その後は、
彼の訥々と呟くような、夢みるような語りに耳を傾け、
その不器用さを代弁する共演者たちにうなずき、
多くの過去の作品にうなり、
子どもたちに振りつける優しさに微笑み、
「劇場こそ、自分がコミュニケートできる場所」という
彼の神髄を多角的に見られた気がします。
同じ東京国際映画祭に出品されている「Pina」
(ピナ・バウシュについて、ヴィム・ベンダース監督が撮った映画)
がありますが、
私はこの「今日と明日の間」のほうが気に入りました。
(「Pina」については、3Dということもあって、
 三半規管と目がついていけなかった。
 でもPina好きな人には、またPinaに会えるたまらない作品かも…)
「今日と明日の間で」
東京国際映画祭「日本映画・ある視点」に出品。
10月27日(木)11時から、もう1回上映があります。
(六本木ヒルズ内、TOHOシネマズ)
監督は、小林潤子氏。
首藤さんの冒頭パフォーマンスの曲は椎名林檎。
歌なしの、こんなピアソラばりの曲もつくるんだ!

舞台の最近記事

  1. 動画配信を始めました。

  2. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  3. 8月・カンゲキのまとめ

  4. 青年座「DNA」@シアタートラム

  5. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP