映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 9 view

「坂東玉三郎」(和楽ムック)

昨年の3月に出ているムックなんですが、
素晴らしいです。
写真集としてもグー。
歌舞伎の本としてもグー。
多くの玉三郎さんの舞台写真とともに、
その作品のよさ、
その舞台を支える歌舞伎の小道具たちの意味と奥深さを
玉三郎さん自身が語っています。
彼がいかにこだわりを持ってすべてを選んでいるか、
完璧な世界を追求する心は、おそろしいほどの厳しさ。
「すべては舞台の美のために」
表紙にあるコピーです。
「舞台」の「美」のために。
美しくなくては、いけないのです。
実際にご本人にお会いしてお話を聞いてみて
ほんとうにそういう生き方をしていると実感できただけに、
とても重く、
だからこそ掛け値のない言葉として響いてきます。
さまざまな美の専門家との対談もあり。
非常にお得な一冊。
写真はおもに篠山紀信。ほかに岡本隆史、阿部浩、三浦憲治、小寺浩之。
実は坂東玉三郎のものすごい写真集があるんですが、
桐の箱に入って50万円っていう、そりゃあ贅沢なもので。
篠山さんと玉三郎さんが長年かかって築き上げた、渾身の作です。
(廉価版=といっても4万円くらい=のものも刊行されました)
これはちょっと手が出ないという私も含めフツーの人々には、
この和楽のムックをおすすめします。
歌舞伎座の売店でも売っています。
ぜひ一度手にとってみてください。

舞台の最近記事

  1. 動画配信を始めました。

  2. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  3. 8月・カンゲキのまとめ

  4. 青年座「DNA」@シアタートラム

  5. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP