映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 15 view

中村富十郎さん逝く

今朝飛び込んできた哀しいニュースです。
新春初日からお休みしていた新橋演舞場では
「天王寺屋!」の掛け声が飛び交ってその死を悼む人々の胸を熱くしたとか。
私は富十郎さんの
「寿猩々」という舞をみて、
ほんとうにすごい!ヒップホップだ!ロックだ!ジャズだ!と感動し、
80歳にもなろうというこの方の足さばきの見事さにうなったのが
富十郎さんをよくみるようになった最初です。
その直後くらいから足を悪くされて、
舞台上で正座をしないで済むよう、
あれこれ工夫して椅子が置かれるようになりました。
でも、
晩年「仮名手本忠臣蔵」の高師直を演じたときは、椅子を使わず
いざるようにして小栗判官にねじり寄り
ああでもないこうでもない、とねちねちいじめるところが
本当に見事でした。
あのいやらしさと軽妙さをないまぜにしたキャラクターは
誰にも出せないものだと感服したものです。
若武者義経の役にしても、
よく通る声の若々しさに驚嘆。
パッと明るく華のある愛らしいお顔が、またお茶目で好きでした。
実は私の父と同じ年にお生まれになっています。
父は64歳で亡くなったので、
ああ、生きていれば富十郎さんくらいかな、と思ってもおりました。
色白なところもちょっと似ていた。
ご冥福をお祈りします。
あの猩々や船弁慶の知盛のごとく、
天を翔けていってくださいませ。合掌

舞台の最近記事

  1. 動画配信を始めました。

  2. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  3. 8月・カンゲキのまとめ

  4. 青年座「DNA」@シアタートラム

  5. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP