映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 6 view

歌舞伎座顔見世大歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」(昼の部)

十二月の歌舞伎座は、
「仮名手本忠臣蔵」を昼夜通しで上演する。
今日はまず昼の部を。
考えてみれば、
私が短期間でここまで歌舞伎にのめり込んだきっかけの一つが、
昨年の今頃平成中村座でかかった「仮名手本忠臣蔵」。
「大序」の幕が上がったときの美しさ、
勘三郎の小栗判官と仁左衛門の由良之助で繰り広げられた、
切腹の場の緊迫感。
勘太郎の八役。
俳優たちの気迫の演技と
知っているようで知らなかった仮名手本忠臣蔵のすべてが、
私を魅了した。
今回も判官を演じた中村勘三郎の切腹の場は、やはり素晴らしかった。
いまわのきわに駆けつけた由良之助に
「聞いたか、聞いたか?」と無念さを伝え、
「委細…(承知)…」と答えをもらって満足げに微笑む、
なんと精緻で奥深いことよ。
一人の男が死刑を宣告され、その死刑執行をすべて見届ける
そんな神妙な時間を、私たちは過ごす。
侵すべからざる空気が、そこには流れている。
そのことを、体中から発し続けていたのが、
上意を宣告しに訪れた石堂役の片岡仁左衛門である。
自分が懐に持つ上意文の重みを噛みしめつつ花道から登場した
その瞬間から、
仁左衛門はまるごと「心」になっていた。
判官が九寸五分の剥き身を腹に召すそのときの石堂を、
仁左衛門は、自分の大小の束をぐっと握るという仕草で表現した。
単に右から左に人の言葉を伝えに来ただけではない。
自分の言葉が死刑執行に結びつく、つまり、
判官を手にかけたも同然の、重い役目、取り返しのつかぬ役目を担ったと、
自覚してここにいる、真摯な男を体現したのだ。
この仁左衛門が由良之助を演じる夜の部を見るのが、
本当に楽しみ。
昼の部の由良之助は松本幸四郎だった。
昨年、あまりに見事な仁左衛門の由良之助を見てしまったためか、
多少緊迫感に欠けた。
というか、
もっとも大切な人を失った悲しみと背負った責任の言い知れぬ重々しさが
あまり感じられなかった。
本心を誰にも知られずに、涙したり覚悟したりという
抑制の利いた由良之助像はそこになく、
かなり大仰で、芝居がかった風合い。
そして、セリフが聞き取りにくかったことで、
観客側の集中力がもたなかった。
逆に、非常にセリフがクリアだったのが、
高師直役の中村富十郎。
人間の持ついやらしさ、卑小さ、尊大さ、そしてこっけいさを、
緩急取り混ぜて自由自在。
80歳で膝も悪くしている御大ながら、
桃井役の梅玉とのからみも、
判官役の勘三郎とのからみも、
闊達な表現で非常に見ごたえがあった。
顔世御前からの「ことわり」の手紙を読んで、
判官に「いや、貞女貞女」と自嘲するところなど、
こんなに自然に複雑な感情すべてを入れ込んで語れる人は、そうはいない。
魁春の顔世御前は、
四段目はいいとしても、
大序・兜改めで最初に登場したときのセリフまわしは、
冗長で気持ちがこもっているように聞こえなかった。
賢くて、美人で品がよく心栄えもアタマもいいという賢婦人。
できれば玉三郎で見たかったというのがホンネである。
(顔見世だけど、顔見せてくれないんです、今回)
菊五郎と時蔵によるお軽・勘平の道行は、
清元連中で舞踊仕立て。
菊五郎と時蔵というと、「夕立」の印象が強い。
今回は、
自分の失態(お軽としけこんで、遅刻)によって、
主人の判官の大ピンチに馳せ参じられなかったことを悔い、
お軽に連れられ出奔したものの自害ばかり考えて気鬱な勘平を、
なんとか「生」に引き戻そうと励ますお軽という構図。
私は昨年平成中村座で、
七之助と勘太郎による三段目「裏門の場」を見ているので、
バックグラウンドが理解できた。
舞踊仕立てでここだけ華やかだし
一見毛色も違って見えるけれど、
これは、「仮名手本忠臣蔵」のテーマそのものかもしれない。
一見仇討ち礼賛ドラマのように見える忠臣蔵は、
実は、忠義のために死ぬことしか考えてない男どもを
冷ややかな目でみつめている。
そのために犠牲になる者たちをみつめる優しさもある。
「生きてナンボの一生じゃないか」という
仇討ちの虚しさを感じさせるのが、忠臣蔵の妙味である。
重々しい切腹の場面の次に、
笑いの場面さえ入れ込んだ華やかな踊りをもってくる、
その精神がすでにクリティカル。
またまた仮名手本の底の深さを思い知った次第である。

舞台の最近記事

  1. 動画配信を始めました。

  2. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  3. 8月・カンゲキのまとめ

  4. 青年座「DNA」@シアタートラム

  5. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP