映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 8 view

第79回歌舞伎鑑賞教室@国立劇場

「義経千本桜」から河面法眼館の場。
その前の「歌舞伎のみかた」がとても面白かった。
中村壱太郎くんの、氷川きよしばりのさわやかトークで、
二人の観客代表を舞台に上げて見得や女形の体験にいざないつつ、
歌舞伎のイロハをわかりやすくおしえてくれた。
男性が女形として、どう身体を小さく見せるか、
肩甲骨をぐっと寄せて、とか、眼からウロコだったな~。
壱太郎くん21歳、巳之助くん20歳、隼人くん17歳。
歌舞伎の未来がここにある、という感じでした。
漫画を駆使した「義経千本桜」のストーリーやキャラの紹介もよかった。
ほんと、わかりやすかったです。
亀鶴がパンフレットに「歌舞伎って、つまりマンガなんです」と言ってますが、
デフォルメされた隈取や衣裳デザインなどを見ると、
ほんとにマンガだな、と思いました。
本番で静御前をやった壱太郎くんの女形が、声も姿もよかった。
巳之助くんは、前半の佐藤忠信、ちょっと声がかすれぎみでした。
本番では、私は義経の亀鶴がよかったな~。
なんで「義経」で「狐の母恋」なのか、
今回初めて腑に落ちた、というか。
最後に鼓を狐に下す義経の心が痛いほど伝わってきました。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP