映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 11 view

カンゲキのまとめ・9月

もう明日から10月。
ずっとレビューが滞っていましたが、
ようやく少し時間ができてまいりました。
遅ればせながら、8月のカンゲキのまとめを9月2日付で書きました。
そして本日、ようやく9月のカンゲキのまとめ。
今月はかなりの本数を観ました。
【歌舞伎】
九月大歌舞伎昼の部「新薄雪物語」@歌舞伎座
九月大歌舞伎夜の部「陰陽師」@歌舞伎座
【文楽】
「文楽へ行こう!」(八百屋お七ほか)@赤坂区民ホール
「伊賀越道中双六」通し(第一部)@国立劇場小ホール
「伊賀越道中双六」通し(第二部)@国立劇場小ホール
【ミュージカル】
「ネクスト・トゥ・ノーマル」@シアタークリエ
【バレエ】
スカラ座「ロミオとジュリエット」(オシポワ/ワシーリエフ)@東京文化会館
【オペラ】
スカラ座「リゴレット」(ドゥダメル指揮)@NHKホール
【演劇】
蜷川演出「ヴェニスの商人」(市川猿之助ほか)@さいたま芸術劇場
「God Save the Queen」(若手女流演出家5人の小作品5作)@東京芸術劇場シアターイースト
「マチワビ」(キリンバズーカ)@東京芸術劇場シアターイースト
劇団砂地「ヘッダ」(イプセン)@space雑遊
【映画】
「少年H」@有楽座
【試写】
「利休にたずねよ」
「ある愛へと続く旅」
【その他】
石川さゆり歌芝居「芝濱」&歌謡ショー@明治座
「藤田貴大と語る」@東京芸術劇場ハーモニースペース
「シネマで着物」(森恵子)@東銀座・楽学座
歌舞伎2、文楽3、演劇4、ミュージカル1、オペラ1、 バレエ1の12本、
映画が3本、
その他が3本。
最優秀作品には、劇団砂地の「ヘッダ」を挙げたい。
イプセンの戯曲に流れる普遍性を見事に現代につきつけて見せた。
MVPは、まったく声の衰えない石川さゆりに。
歌に合わせて歌い方を変化させられる、ほんまもんの歌手でした。
「津軽海峡冬景色」、ヒットした当時とまったく変わらぬ音域で楽々歌う。
艶っぽく歌う「ずいずいずっころばし」にはまったくまいりました。
「リゴレット」といい、今月は歌の上手い人たちに会えてほんとにうれしかったです。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP