映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 9 view

カンゲキのまとめ・1月

お久しぶりです。
気がつけば、もう1月も終わりですね。
今年は映画をたくさん見ようと思っています。
もちろん、舞台もですが…。
それでは、1月のまとめを。
【歌舞伎】
「坂東玉三郎初春特別舞踊公演」@松竹座
「壽初春大歌舞伎」(夜の部)@歌舞伎座
「新春花形浅草歌舞伎」(第一部)@浅草公会堂
「新春花形浅草歌舞伎」(第二部)@浅草公会堂
「新春花形歌舞伎」(壽三升景清)@新橋演舞場
【文楽】
「初春文楽公演」(第一部)@大阪国立文楽劇場
「初春文楽公演」(第二部)@大阪国立文楽劇場
【バレエ・ダンス】
Noism「Play2Play~干渉する次元たち~」@KAAT芸術劇場
【試写】
「ラヴ・レース」
「エージェント・ライアン」
「サンブンノイチ」
「ゲキxシネ五右衛門ロック」
【その他】
「河瀬巴水展」@千葉市美術館
歌舞伎5、文楽2、ダンス1、映画4に美術館1でした。
今月のMVPは、本当に難しいです。
難しいですが、
文楽「阿古屋琴責めの段」と「堀川猿回しの段」はこれ以上ない出来で、
文楽ビギナーから通人まで、すべての人を魅了しました。
人形や義太夫もさることながら、今回は音楽が主人公でした。
太棹、琴、胡弓。ソロも、合奏も。超一流のコンサートでした。
テーマ性と完成度を併せ持つ作品としては、
Noismがまたやってくれました。
今、彼ら以上に心動かされるモダンダンスは日本にないと断言できる。
歌舞伎は、
ベテランが顔をそろえた「山科閑居」と
若き海老蔵が歌舞伎十八番の復活に賭けた「三升景清」。
でも、浅草歌舞伎も素晴らしかったし、
玉三郎の土手のお六のいなせなことといったらため息が出たし…。
つくづく、幸せな1カ月でした。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP