映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 3 view

3,4月・カンゲキのまとめ

4月は海外のため、歌舞伎1本のみですので、3月とまとめました。
歌舞伎6、演劇1で舞台7本、試写2本でした。
【歌舞伎】
東濃歌舞伎(仮名手本忠臣蔵・松の間から裏門合点/笑三郎中津川名所巡/鯔背川勢揃/封印切/新ノ口村)(東濃スポーツセンター)
梅笑会(男舞/藤娘/道行恋苧環)(国立劇場小劇場)
三月大歌舞伎昼の部(国性爺合戦/男女道成寺/芝浜革財布)(歌舞伎座)
三月大歌舞伎夜の部(於染久松色読販/神田祭/滝の白糸)(歌舞伎座)
四月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)
3月歌舞伎公演(増補忠臣蔵/髪結新三)(国立劇場大劇場)
【演劇】
「いつだって窓際で僕たち」(早稲田どらま館)
【試写】
試写 テアトル京橋(京橋)
試写「I,トーニャ」
3・4月のMVP=片岡仁左衛門
四月大歌舞伎夜の部で見せた通し狂言「絵本合邦衢」における左枝大学之助と立場の太平次との二役演じ分けは、前回より大学之助の凄み・大きさが増し、その不敵な笑い声が轟くと、思わず背筋が寒くなるほど。かたや太平次とうんざりお松(時蔵)との絡みでは、ふとした仕草の艶っぽさが忘れ難い。
3・4月の敢闘賞=尾上菊之助
つい最近まで、皆菊之助は真女方まっしぐらの役者だと思っていた。碇知盛は怖いもの見たさだったが、新三もまた、形肌脱いで乳房見せちゃうのか?…と一瞬めまいがしたけれど、頑張っていた。私は彼の勝奴の色っぽさが忘れられないので、少し甘めかもしれないが、その延長としてはまずまずだったのではないだろうか。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP