映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 7 view

「アマデウス」@ルテアトル銀座

再演に再演を重ねているこの作品ですが、
私は初見。
サリエリに扮した松本幸四郎の見事さは、
「名もなき人々よ。私が赦す」という最後のセリフに
すべてを集約させているところ。
「才能」というものから見放されたと感じた人々、
どんなに努力しても、「あの人の才能にはかなわない」と
屈服する絶望を、無益な嫉妬心を、やるせなさを、
彼はなんとリアルに演じることだろう。
30年の歳月、その「前」と「後」とを
これまた鮮やかに、素早く、変身してみせる。
膨大なるセリフをひといきで喋り切っても
その朗々たる声ゆえにちっとも耳障りにならない。
すごい役者だとつくづく思う。
対する武田真治。
恐ろしいまでの天才を演じきるまでには至っていないが、
「何も考えてないのに、すごい」男になって突っ走った。
父親の影に怯え、しかし頼り切っている、
純な赤ん坊のような男の、イノセントゆえの転落を
甘えん坊アマデとして体現し、
特に終盤に見ごたえがあった。
内山理奈のコンスタンツェもかなり頑張ってはいたけれど、
最後まで「コンスタンツェってどんな人?」がよくわからなかった。
モーツァルトを愛していたのかいないのか。
ただ流されているだけなのか。
だとしたら、最後はどうして戻ってきたのか。
無知というには悪女っぽく、
悪女というには誠実で、
役作り、あとひと息っていう感じでした。
それにしても…。
あの「魔笛」がフリーメーソンの世界を描いたものだってこと、
今までまったく知りませんでした~。
すっごく有名な話らしいですね。

舞台の最近記事

  1. 動画配信を始めました。

  2. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  3. 8月・カンゲキのまとめ

  4. 青年座「DNA」@シアタートラム

  5. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP