映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 6 view

「ムサシ!」(ロンドン・NYバージョン)@シネマナビ347


【新品DVD】【5000円以上送料無料】ムサシ ロンドン・NYバージョン/藤原竜也【PCBE.53516】[…
小次郎は生きていた!…から始まる物語
作:井上ひさし  
演出:蜷川幸雄
配給:ソニー株式会社
ストーリー●鎌倉の小さな寺で、寺開きの参籠禅が行われている。
そこに宮本武蔵(藤原竜也)の姿があった。
佐々木小次郎(勝地涼)を負かした「巌流島の闘い」から6年後のことである。
そこへ小次郎が現れる。
とどめを刺されず生きながらえたのを恥じ、
打倒武蔵の一念で武蔵を追いかけてきたのだ。
一触即発の2人に、
参籠禅に参加している沢庵和尚(大石継太)や柳生宗◎(吉田鋼太郎)、
寺の大檀那(白石加代子、鈴木杏)らが「無益な殺生はやめよ」と割って入る。
ところが事態は急展開。
今度は両剣豪に対して、仇討ちの加勢をしてくれと頼むのだ。
2人は剣のいろはを教え始めるが、
一方で武蔵にはどうも腑に落ちないことがあった。

先ごろ亡くなった井上ひさし作の舞台映像である。
非戦派の文筆家として知られる彼は
「憎しみの連鎖を断ち切る」という物語を書くにあたって、
武蔵と小次郎にその役目を負わせた。
とはいえ「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、
ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに」書くのが
井上ひさしのモットーである。
剣術のすり足稽古がタンゴのダンスに変わっていくなど、
ユーモアと笑いに溢れた仕掛けが満載だ。
大いに楽しみながらも、気がつくと、
人が人を憎み仇を討ちたいと思う心は本当に断ち切れるのか、
断ち切ってほしいと思う気持ちはどこから生まれるのか、
考えずにはいられない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初演は小栗旬が小次郎です。こちらもどうぞ。

【送料無料】藤原竜也/小栗旬/ムサシ

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP