映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 13 view

Noism「Nameless Voice」の衝撃@さいたま芸術劇場(2)

一日経って、まだあの「いわく言いがたい」感情、
生々しいっていうか、気持ち悪いとまではいかないんだけど、
見たいし知りたいけど分かりたくないような、あの感触が、ぐるぐると…。
一体、あれは、何?
そして、今日、突然ひらめいた。
あれは、サルトルの「嘔吐」だわ。

【送料無料選択可!】嘔吐 新訳 (単行本・ムック) / サルトル/著 鈴木道彦/訳
昨日の私は、主人公ロカンタンが、海の、波が打ち寄せる海岸で波を見ていて、
そこで拾った石に突然吐き気を催したのと同じ。
アタマでは考えられないもの、
意味を見出そうとしてもしかたのないもの、
「そこにあるもの」としての存在、
「そこにあるだけでゆるがせにできないもの」
つまり「実存」(existence)ですね。
これがズズズズズズズーーーーーン!と体にもぐりこんできてしまったわけ。
金森氏が哲学者だってことはわかってた。
彼の右脳と左脳がどうつながってんだか、と思ったけど、
そうか、ダンスのできるサルトルだった、と。
まいったな~。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP