映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 11 view

「捨て方」上手ですっきり暮らす


さて、今日は部屋の整理をしよう!と
最初にあけた本棚の中から、出てきたのがこの『「捨て方」上手ですっきり暮らす』だった!
ちょっと出来すぎの話。
その上、この雑誌、いつ買ったのかまったく覚えがない(爆)。
ほんっっっとに、覚えがない(ふたたび、爆)。
とにかく、これも天のお導き。
片付けの前に本を読んだ。
(これ、やってはいけないパターン。「本読む時間があったら、さっさと片付けろ!」)
案の定、片付け前にブログにレビューを書くハメに(嗤)。
この本は主婦の友生活シリーズ「ゆうゆう特別編集」なので、
まず読者としての想定が50代なんです。
文章の中、
「50歳になったら」という言葉があちこちに出てくる。
子どもも巣立って夫婦二人になって、
将来の生活も見えてくるから片付けやすいでしょー、
これまでは必要だったかもしれないけど、これからは不要、というものを
どんどん捨てていきましょうね!
…という本だった。
つまり、
これは長年家の中を切り盛りしてきた専業主婦が、50歳を機にすっきり暮らしたい!
という場合、ドンピシャな本なのです。
押入れ、台所、洗面所、衣類、リビング回り、そうしたところが丁寧に書かれている。
夫婦で一緒に片付けましょう、というコラムも。
片付け上手な人たちの記事は、みんな60代前後です。
年齢的にはけっこう近いというか、まあ「目前」なんですが…。
今の私にはあまり参考になるページが少なかった。
私は毎日膨れ上がる紙ゴミと資料をどう整理するか、
これが一番知りたかったわけで…。
そんな私に、この本が言ってくれたこと。

1.「長年かかってゴチャゴチャになったものが、一気に整理できると思うな」
2.「だから、1日15分だけ、整理のために使いなさい」
3.「棚のものを全部出して、さあ、どうしよう、というやり方はNG」
4.「今日もできなかった、ではなく、今日は一つ捨てられた、に喜びを見出すこと」
5.「とっておいても使わなかったものには、使わないだけの理由がある。だから、捨てよう」

…ここでも出ました!「一日15分!」
やっぱり、何かやろうとしたら、とにかく「一日15分」から始めるんですね。
それでは、
これから「実践」に入りたいと思います。
この連休、おうちにいる方、ちょっと試してみては?

本の最近記事

  1. 「桜桃忌」に寄せて

  2. 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」@村上春樹

  3. 「ヴィヨンの妻」@シネマナビ342

  4. 「人間失格」@シネマナビ342

  5. ユゴー「クロムウェル序文」と「エルナニ」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP