映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 最近の記事
  1. 本・雑誌
  2. 8 view

「福島原発の真実」

「うちの庭で測ると、今も2.4(μSv/時)くらいはあるんですよ」7月23日、紀伊国屋ホールでの舞台「アセンション日本」のアフタートークでそんなふうにおっし…

  1. 本・雑誌
  2. 9 view

旅先の古本屋さんにつかまる

この前大阪に行ったときは、国立劇場の前の古本屋さんで6冊買ってしまいました。1冊100円の文庫・新書が3冊と、けっこうなお値段のハードカバーを3冊。そのう…

  1. 本・雑誌
  2. 7 view

「團十郎の歌舞伎案内」

【送料無料】團十郎の歌舞伎案内昨日は病気と向き合う團十郎さんの本を紹介しました。こちらは、彼が高校まで通った青山学院の大学で行った授業のまとめです。團十…

  1. 本・雑誌
  2. 8 view

「濃尾震誌」復刻までの道のり

1月17日の日記に、濃尾地震について書いたところ、震災(明治24年)直後の明治26年に、この濃尾地震について書かれた120年前の貴重な本「濃尾震誌」について…

  1. 本・雑誌
  2. 7 view

「塩の街」

塩の街ある日突然、東京湾に突き刺さった塩の隕石。あっという間に広がる「塩害」で、人は「塩の柱」になってしまう…。そんな荒唐無稽な設定でありながら、中身…

  1. 本・雑誌
  2. 8 view

「棒になった男」

友達/棒になった男安部公房といえば、「棒になった男」「砂の女」「箱男」。タイトルだけで奇妙奇天烈。若くてとんがっていると、読んでみたくなる。でも、読…

PAGE TOP