映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 6 view

「クワイエットルームにようこそ」

フリーライターの明日香(内田有紀)は、締め切りを抱えている。
初めての連載コラムだ。
しかし、書けてない。
その800字が、書けてない。
日々の取材はてんこ盛り。
家に戻ればもう深夜。
パソコンの画面の中で、活字が生まれたかと思うと、また消える。
催促の電話が、メールが、携帯に続々かかってくる・・・。
「たかが800字が、なんで書けないの???」
私は内田有紀のように若くも美しくもないけれど、
フリーのライターをやっている。
彼女がこの状態からOD(オーバードウズ=薬を過剰に飲むこと)に陥ったことは、
私も一歩間違えばこれか?という戦慄を感じさせた。
・・・などというと、
ものすごーく深刻なおハナシに聞こえるかもしれませんが、
そこは松尾スズキ、
ありえないほど爆笑・失笑・唖然の展開が続きます。
「薬を飲んで倒れた」状態を「自殺」と勘違いされて、
運び込まれた精神科の入院病棟。それも、「閉鎖」病棟。
精神科の入院患者が「私は正常です」とマジな目つきで言うことが、
どれほど説得力を持たないか。
医者や看護師とのやりとり、
他の患者との交流、
「正常」な世界から「異常」のレッテルを勝手に貼られた悲喜劇を、
その深刻さなんかどっかに吹き飛ばして、ものの見事に描いています。
しかし。
ただの「異常者イジリ」とは違うのです。
明日香は追いまくられる生活から遮断されて、
いやおうなしに自分と向き合うようになります。
物語が進んでいくうちに、明日香がなぜODになったかが少しずつ明らかに。
前のダンナのこと。
今のダンナとのこと。
仕事のこと。
親のこと。
そして・・・。
この「クワイエットルームにようこそ」は、明日香が入院していた2週間という限られた期間の物語。
「入院」によって、
彼女がありのままの自分をまっすぐ見られるようになって
「社会復帰」するまでを綴っているのです。
女ならば誰でも抱える悩みの数々が、
明日香や、他の入院患者たちの人生から浮き彫りになっていきます。
松尾スズキよ、
あなたには、どうしてそんなに女のナヤミがわかるんスか?
「これって、私のこと?」
きっと誰もがそう思うでしょう。
「じゃあ、私も入院しろってこと?」
「異常」と「正常」の境など、どこにだって線が引ける。
ある瞬間、
入院病棟が、温かくさえ感じられる。
傷つきやすい人々が守られている空間。
立ち止まることの大切さをおしえてくれる映画でもあります。
内田有紀、体当たりの演技です。彼女じゃなきゃ、この味は出せなかった。
蒼井優、涙ぐむだけで人を酔わせる、大物です。
大竹しのぶ、りょう、憎たらしさ100万倍。
宮藤官九郎、妻夫木聡、サイコー。
そして
庵野秀明からしりあがり寿、俵万智まで豪華脇役陣。
10月公開です。
人生にちょっと疲れている人、
過去を断ち切れない人、
着ているヨロイに押しつぶされそうな人、
必見。
いろいろ身につまされることの多い2時間でした。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP