映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 11 view

「幸福な食卓」@シネマナビ


◆新品DVD★50%OFF  【080807SP_2】 幸福な食卓 プレミアム・エディション 初回限定版 【送…
映画:幸福な食卓
監督:小松隆志  原作:瀬尾まいこ(講談社刊)
配給:松竹
生きなおす家族たち
ストーリー●
「今日から父さんは、父さんをやめようと思う」。
中原家の朝の食卓で、弘は宣言する。
すでに妻は家を出て一人暮らし、
優等生だった息子は大学に行かず、農業をやっている。
不自然な空気の中、
中学生の娘・佐和子は必死に平静を装おい生きている。
彼女の心を癒してくれるのは、転校生の大浦だった。(1/27より全国で公開中)
「朝食は、必ず家族そろって食べる」にこだわっていた中原家が、
ひとつ、またひとつ「ねばならない」を捨てていく。
家族の中の役割を放棄した家族は正常ではない。
だがそうなるまでに、
父も母も兄も、まじめすぎるほど「役割」に徹し、
その役割に押し潰されてしまっていたのだ。
これは、人生を生きなおす物語。
本当にやりたかったことは何か。
本当に大切なものは何か。
結局また4人が食卓に揃うようになったとしても、
それは以前と同じではない。
それは新たに手にした幸福の食卓。
教師の父、
早い結婚だった母、
自分の中の「ズレ」を自覚した兄、
子どもとして親に甘えることができない妹。
どの登場人物にも観客は自分を投影できるはずだ。
佐和子役・北乃きい、大浦役・勝地涼の初々しい恋物語に、
誰もが甘酸っぱい青春を思い出すことだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*昨日書いた「おくりびと」と同じ、松竹の映画です。
松竹のちょっとレトロな試写室で、
やはり、ぼろぼろ泣いたのを思い出しました。
今、テレビで舞台で引っ張りダコの勝地涼くんが、爽やかな中学生役で出ています。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP