映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 25 view

「イグアナの娘」


テレビドラマにもなった
萩尾望都の短編漫画「イグアナの娘」。
遅ればせながら、読んでみた。
まず、「イグアナ」姿がかわいい。
娘二人のうち長女がイグアナで、どうしても愛せないという母親と、
そのようにして母親に愛されずに生きた娘の話だけに
読む前は楳図かずおの「へび少女」的な暗い調子を想像していたが、
あにはからんや、
愛に飢えた人々の心情には丁寧に寄り添いつつも、
幼稚園のエプロンや一年生の黄色い帽子を身につけたイグアナは、
思わず応援したくなる愛らしさだ。
トーンもコミカル。
短編ということもあり、
「だとさ」といった、童話調のコント的な簡潔さが
物語の進行をリズミカルかつコンパクトにしている。
クライマックスは、母親の死によって明らかになる「愛されなかった理由。
イグアナという、エキセントリックな設定で
母親と娘の永遠の問題を描いた萩尾望都の着眼点に、拍手。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/nakanomari/gamzatti.com/public_html/wp-content/themes/zero_tcd055/comments.php on line 145

PAGE TOP