映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 8 view

「カラーパープル」


カラーパープル
なんと、ウーピー・ゴールドバーグはこれが映画初出演だったといいます。
いわゆる「肝っ玉おばさん」的ウーピーしか知らない人には、別人のように思えるかもしれない。
私も、もっと前から活躍している人かと思っていた。
彼女の人物造形には、一本やられたという感じ。
物静かで、人に抵抗することを知らず、
ぼそぼそっと囁くようにしか話さないウーピー。
うつむきながら、ちょっと上目使いににっこり笑う、
その童子のようなかわいらしさ。
「男」というものに征服され、
耐えて生きることしか知らなかった彼女が、
「自分」というものを持って生きる女性と出会うことで
背筋をピンとのばし、はっきりものを言う人生を選び取る。
この映画は、女性なら一度は観てほしい物語です(1985)。
原作は、ピューリツァー賞作家のアリス・ウォーカー。
私は未読ですが、「映画の上をゆく」面白さとか。
機会があったら手にとってみてください。
スティーヴン・スピルバーグ監督が満を持して作ったこの映画は、
アカデミー賞10部門にノミネートされながら、
監督賞・映画賞を逃し、かなり落胆したと聞きます。
「JAWS」など、娯楽映画専門の監督が
有名になって手を出した“火遊び”みたいに思われていたようでした。
彼はその後もマイノリティー側に立ったマジメな映画を撮り続け、
悲願は「シンドラーのリスト」で叶うこととなります。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/nakanomari/gamzatti.com/public_html/wp-content/themes/zero_tcd055/comments.php on line 145

PAGE TOP