映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 6 view

「血まみれギャングママ」


【23%OFF!】血まみれギャングママ(DVD)
ちょっと風邪気味。めまいと熱で家で起き上がれず、
家でテレビを見ておりました。
WOWOWでやっていた「血まみれギャングママ」
1970年の作品ということですが、途中からだったのですが引き込まれまして、
最後まで行ってしまいました!
売春婦との会話がいいの。
コトの終わった直後、
男「オレのこと、愛してるか?」
女「何くだらないこと聞くわけ? これは仕事なのよ」
そしてややあって、こう加える「愛してるわ」
クールすぎる彼女の素っ気ない言葉のなかに、愛が見える!
セリフってこうでなくちゃね。
その彼女にダイアの指輪をねだられて、男は宝石店に強盗に。
大きなダイヤの指輪をはめてやった指の持ち主は…なんと、母親のケイト!
こういうシーンのつなげ方が、またオシャレ。
カラマーゾフの兄弟をモチーフにしたようなところもある。
長兄は粗暴(上の「男」)。
ほかに、頭は回るけどヤク漬けの神経病みとゲイと
素直な男の子の4人を率いて、
肝っ玉母さんここにあり、「あたしが法よ!」てなママ、ケイトが
マシンガン撃ちまくりです。
冷酷で、粗野で、非論理的で、
何かといえば「賛美歌を歌いましょう」的矛盾した人生。
子どもには愛情深く、それは溺愛し、異常な愛もあり、
そんなモンスターな女なのだけれど、
本当に哀しいっていうか、なぜか感情移入してしまいます。
すべての母親が陥っておかしくない落とし穴がそこにある。
その「落とし穴」を自分も息子たちも自覚しているけれど、避けられない。
誘拐した富豪を最後殺すか殺さないかのところが、また泣かせるの。
「その落とし穴の名前は、必然」という
アガメムノンのセリフを思い出してしまう。
「B級映画」って銘打たれてるけど、そんなことないな。
一級のアメリカングラフティだ。
これを見ていると、アメリカっていう国が分かる気がした。
今ちょっとしたブームの「白熱教室」の東大版で
「家族が殺人を犯したら警察に通報するか?」っていう質問が出てたのだけど、
ああ、アメリカは絶対的に「家族」が先だな、と確信。
何をしたって家族の結束は強い。
そうやって生きる国なのだ。
ハーバードのセンセ的にいうと「コミュニタリアン」ここに極まれり、です。
そのよさと悪さをどちらも理解している人が作った映画だから、
心に響くのだろう。
つくづく、
フィクションとは「ありえない皮袋」に「リアルな酒」を入れる作業だと思った。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP