映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 映画
  2. 10 view

USJ初体験と3D技術

関西に来ています。
USJに初めて来ました。
歩いていると、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の
あの時計台のある見慣れた広場が見えると、
懐かしい街に戻ってきたみたいなうれしさがあります。
今回衝撃的だったのが
3Dを駆使したアトラクションです。
「アヴァター」が映画作品としてどうだったかは別として、
アクション映画はもはや3Dと切り離しては語れない、と痛感しました。
特に「ターミネーター」のアトラクションは圧巻。
「ターミネーター」という作品自体の完成度の高さ
(脚本力、キャラクターの魅力)にプラスして、
その特性を生かした3D加工、
さらに映像と舞台(ライブアクション)との合体、
客席が受ける効果(風、客席が動く、冷たいガスなどの噴射、など)が
映画館で映画を「見る」から「五感で体感する」に
大きく転換することを物語っています。
この技術の飛躍的な躍進は、
USJというアミューズメントパーク」の存在価値を、
大いに高めるのではないかと思います。
映写のみの映画館に特化して、
舞台つきの映写ホールは、
家でレンタルDVDを見るのとはまったく異なる楽しみを
観客に与えてくれるでしょう。
心理描写で勝負する映画はまた別ですが、
「アクション」がすべてのものに関しては
映画の一つの時代が終わったと思います。
とりあえず、本日はもっとも衝撃的だったことのみ。

映画の最近記事

  1. 「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」

  2. 紀里谷監督のインタビュー記事をアップしました

  3. 「FOUJITA」~藤田嗣治の戦争画を考える

  4. ガメラ、ゴジラのいる映画館前のレッドカーペットを歩く

  5. 「ザ・ウォーク」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/nakanomari/gamzatti.com/public_html/wp-content/themes/zero_tcd055/comments.php on line 145

PAGE TOP