映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 14 view

井脇幸江さんのバチルド姫@「ジゼル」(東京バレエ団)

私は見ていないのですが、
いつも立ち寄っているdolce vitaさんのブログを読んでいて、
紹介されていた井脇幸江さんのサイトにまわったところ、
非常に衝撃を受けました。
バチルド姫というのは、
ジゼルが愛したアルブレヒトの婚約者です。
狩りの途中に立ち寄った田舎家で、
純朴なかわいい百姓娘に情けをかけてやったのに、
あろうことかその娘(ジゼル)が、
自分の婚約者を「私のいい人」と主張して譲らない。
婚約者アルブレヒトの不実も不実だけど、
目の前でさっき対面したばかりの愛人(?)ジゼルが死んでしまうというのは、
自分に一点の非もないとはいえ、
なんと寝覚めの悪いことでしょう。
親が決めた婚約者に想う女性がいた、という構図は、
「ラ・バヤデール」のガムザッティと同じ。
(ジゼル=ニキヤ、アルブレヒト=ソロル)
けれどバレエ的には、
ガムザッティにはソロルとのパ・ド・ドゥとか3人での踊りのからみがあるけれど、
バチルド姫はバレエの踊れる恰好で登場しません。
出番も1幕の最後だけで、歩くのとマイムがあるだけです。
その上観客は、
ジゼル、アルブレヒト、そしてジゼルの幼馴染みでジゼルにホの字のヒラリオン、
こちらのほうの三角関係に集中していますから、
バチルドのことなんか放りっぱなし。
どうせ親同士が決めた政略結婚なんだし、
鉢合わせしたのは不幸だけど、
愛人を囲うなんてそう珍しいことじゃない、くらいに
なーんとなくスルーしてしまうわけです。
ところが井脇さんは
ヨハン・コボー扮するアルブレヒトに強烈な拒絶と決別のまなざしを受け、
バチルド姫の心の混乱を実体験した、というのです。
くわしくは、彼女の書いたものを直接読んでもらいたいですが、
私は名優ローレンス・オリヴィエの言葉
「(舞台上では)三番槍の持ち主には、三番槍の人生がある」を思い出しました。
舞台上の人物1人ひとりに、人生があり、ドラマがある。
それらがからみあった名作だからこそ、
また、これを理解し、受け止め、表現する人々がいるからこそ、
何百年も人の心を動かし続け、長く演じ続けられているのだと
改めて思いました。

舞台の最近記事

  1. 内博貴主演「シェイクスピア物語」

  2. 演劇界休刊の衝撃

  3. 動画配信を始めました。

  4. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  5. 8月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP