映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 6 view

シネマ歌舞伎、10月よりアンコール上映@東劇

10月に入ると、(10/10~11/13)
シネマ歌舞伎がまたまた東劇でアンコール上映されます。
10/10~10/11 「京鹿子娘二人道成寺」「野田版鼠小僧」「人情噺文七元結」
       「連獅子/らくだ」「野田版研辰の討たれ」
*10/10、11の二日間は、初の試みとして、英語字幕付きの上映です。

10/12~10/16 「鷺娘/日高川入相花王」「刺青奇偶」「人情噺文七元結」
10/17~10/23 「連獅子/らくだ」「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
10/24~10/30 「牡丹亭」「野田版鼠小僧」
10/31~11/6  「京鹿子娘二人道成寺」「野田版研辰の討たれ」
11/7     「牡丹亭」「野田版鼠小僧」
11/8     「連獅子/らくだ」「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
11/9     「怪談 牡丹燈籠」「人情噺文七元結」「刺青奇偶」
11/10     「京鹿子娘二人道成寺」「野田版研辰の討たれ」「牡丹亭」
11/11     「牡丹亭」「野田版鼠小僧」
11/12     「連獅子/らくだ」「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
11/13     「鷺娘/日高川入相花王」「牡丹燈籠」
シネマ歌舞伎のサイトで、予告編映像も見られます(「牡丹燈籠を除く)。
どれも珠玉の歌舞伎たち。
ほとんどレビューを書いているので、
フリーページの「歌舞伎」のところから、「シネマ歌舞伎」で探してね!
8月、最新のシネマ歌舞伎は「牡丹燈籠」でした。
その前が玉三郎が京劇に挑戦した「牡丹亭」で、
実は、「牡丹燈篭」は中国の「牡丹亭」をモチーフにしていたっていうから、
へーえ、そうなんだ!と目からウロコ。
そういえば、どちらも女性が男性に恋い焦がれすぎて死んでしまい、
幽霊になって会いにくる話ですね。
最新作品の「牡丹燈篭」はまだ書いていなかったので、
明日、書くことといたします。

舞台の最近記事

  1. 内博貴主演「シェイクスピア物語」

  2. 演劇界休刊の衝撃

  3. 動画配信を始めました。

  4. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  5. 8月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP