映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 2 view

團十郎丈の死

ようやく、勘三郎の逝去を受け入れられたかと思ったら、
今度は團十郎の訃報が……。
不安はあった。
夏ごろから、團十郎の声にかすれが混じり、
体調が万全でないことがうかがわれた。
勘三郎休演の穴を埋めるため、團十郎も仁左衛門もフル回転で、
二人とも大病を経験しているだけに心配していた。
病状について、あまり情報が出てこないことも、
勘三郎丈のときと似ていたから、恐れてもいた。
だから、突然の訃報とはいえ、
衝撃はない。
衝撃ではなく、暗い穴の中にゆっくりと引きずり込まれるような
なんとも重苦しい気持ちである。
いったい、
歌舞伎座の幕はどうやって開くのだろうか?
これからの歌舞伎界はどうなってしまうのだろう?
海老蔵がしっかりと父の死を受け止めているようで、
コメントに少し救われた気がする。
もっとも悲しく、もっとも不安な人に救われてどうする、と思いつつ、感謝。
当面のこととして、
歌舞伎座の公演の代役探しが心配だ。
六月の「助六」は海老蔵がやるだろうけれど、
四月の「鶴寿千載」の雄鶴、「弁天小僧」の日本駄右衛門をどうするか。
五月の「三人吉三」の和尚吉三、「石切梶原」の大場三郎も。
大幹部が首を揃えての公演が続くので、それなりの風格がないと釣り合わない場合がある。
それでまた誰ぞが無理をして、体調を崩すというドミノ倒しにならないことを
切に、切に望む次第である。
他の公演との重なりや、初役であれば稽古の準備など、難しいことが多いだろうけれど、
もし若手が抜擢されたのなら、
この緊急事態をうまく乗り切ってそれを力とし、成長していってもらいたい。
テレビの報道を見ていて、
團十郎丈が最初に白血病に倒れたのは息子・海老蔵の襲名公演の最中で、
57歳であったと改めて思いだす。
勘三郎丈も、息子勘九郎の襲名公演のさ中に病気がみつかり、享年57歳。
襲名披露とは、それだけ大変なものであり、
57歳という年齢も、「80歳に比べればまだまだ」という単純な比較では語れない、
大きなストレスのかかる年代なのかもしれない。
團十郎丈は、2度の「無間地獄」を通り抜け、
その後も長く舞台に立った。その生命力をこそ讃えよう。
ご冥福を心から祈ります。合掌

舞台の最近記事

  1. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  2. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

  3. 「神の子どもたちはみな踊る」@よみうり大手町ホール

  4. 7月・カンゲキのまとめ

  5. 「氷艶2019」@横浜アリーナ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP