映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 9 view

絶品菊之助!「摂州合邦辻」@日生劇場の歌舞伎

日生劇場で歌舞伎って、どんなもんだろう??
…と思っていましたが、
二階の上のほうからでも花道がよく見えて、空間も広々とし、
ロビーも余裕があって歌舞伎見物のゆったり感が維持できて
予想以上に快適でした。
回り舞台がないため、幕が閉まってトンテンカンがちょっと多いのが
玉に瑕ですが、
小ぶりとはいえ舞台の横長感が歌舞伎座に似ているし、
すっぽんもあって、違和感ありませんでしたよ。
幕見もあったせいか、
いいお声の掛け声(聞き覚えあり)もいくつもかかり、
ありし日の歌舞伎座の空気を思い出しました。
さて、肝心のお芝居のほうは…。
通し狂言「摂州合邦辻」の、菊之助扮する玉手御前がもう、絶品!
私、かつて「菊之助のほうが正攻法だけど、
七之助のほうが色気というかけれん味があって」
みたいなこと書いた気がしますが、
けれんかどうかは別として、菊さんの色気を全身に浴びてしまいました!
菊さま、ねっとりしっとり、
なんといいますが、これぞ歌舞伎正攻法の色気っていいますか、
いわゆる「はじけた」魅力ではなく、
緻密かつ重厚かつしなやかに、人間の色気の本質をついてくる凄みがあるのです。
玉手御前は後妻に入りながらも義理の息子に関係を迫ります。
「もとからあなたが好きだったところにご主人からプロポーズされた。
使用人だから、拒否ればお屋敷から追い出され、
そうなればあなたとも会えなくなるから結婚した。
だから私の気持ちを受け入れて~!」っていう一方的な気持ちを吐露、
その後も、嫌がられようが疎まれようが、ぐいぐい押しまくります。
「大江戸りびんぐでっど」のノリで扇雀さんあたりがやると
もう、はじけまくるキャラになりそうな玉手御前なんですが、
菊之助はどこまで行ってもお上品そのもの。
お上品なんだけど、女の性っていうか、あさましさっていうか、
そういうのが体現されていくのです。
その上
「義母っていうけど、私とあなたと、2~3歳しか違わないじゃない!」
というセリフで「あ、そうなんだ!」と気がつくほどの「老獪」ぶり。
実はこの玉手御前、
若い継母の役でありながら、重要な役柄ということで、
普通はかなりベテランに負かされることの多い役なのです。
そういう雰囲気をしっかりつかんでやっている、という点も、
菊之助は正攻法だな、と。
教科書通り、というと味気ないのではないかと思われがちだけど、
それは違うんですよ。
王道なんですよ。
若くて王道をしっかり歩いているって、このブレなさは希少です。
やろうと思ってできることではありません。
この玉手、中盤まではただの色狂いの悪役なんだけど、
(そして菊之助はそういう玉手を見事に体現してるけど)
大詰めでは、歌舞伎お得意の「実は」の展開で
まったく異なった面がつまびらかになっていきます。
ここで見せる、菊さま玉手のけなげさが絶品で、
もう涙が出て涙が出て止まりませんでした。
彼女の「色狂い」が、ハムレットの狂気にもにた政治的なものであり、
そうした自分の「信(まこと)」を、
せめて自分の親にはわかってもらいたかったという思いが
もうもう劇場中にひたひたと広がっていくのであります。
菊之助はとにかく声が素晴らしく潤って通るのですが、
いまわの際の玉手が、時おり囁くような、呟くような、
吐息だけで言うせりふがあります。
それがまた効果的。
「囁き」だけなのに、その波動が劇場に伝わる!
…そういえば、
菊之助のお姉さんの寺島しのぶも、かつて「グリークス」で
「囁き」のセリフで私をノックアウトしたな~。
発声のしっかりしている人は、こういう芸当ができるんだよね。
玉手が悪女でも貞女でもいい、自分の娘としてまるごと愛していることが
手に取るようにわかる東蔵の母親が、
これまた素晴らしい。
東蔵の老け役は、「国性爺合戦」のときもその前も思ったけど、
可愛らしくて、哀しくて、芯が通っていて、素晴らしいんですよ。
親として女として人間として、常にこの人の作る感情には共感できる。
大好きな女形・伸び盛りの梅枝が、今回は玉手に惚れられる若様の俊徳丸役。
一部には食い足りないという評もあったが、
私が見たのは興業も終盤だったせいか、悪くなかった。
もちろん、座頭の菊五郎もよかったけれど、
今回は
とにかく菊之助。
美しいけれど、並の美しさを通り越し
正邪を越えて妖気漂う「女」のすさまじさを見た!
泣きました~!

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP