映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 6 view

1月・カンゲキのまとめ

今月は、歌舞伎6(7)、文楽・人形浄瑠璃3、宝塚1、演劇1で舞台が11(12)、
映画は試写1、美術館など2、講演会1でした。
【歌舞伎】
壽初春大歌舞伎昼の部(歌舞伎座)(箱根霊験誓仇討/七福神/車引・寺子屋)
壽初春大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)(角力場/高麗屋三代襲名口上/勧進帳/相生獅子・三人形)(2回)
初春歌舞伎公演「世界花小栗判官」(国立劇場大劇場)

新春浅草歌舞伎(第一部)(鳥居前/御浜御殿)(浅草公会堂)
新春浅草歌舞伎(第二部)(操り三番叟/引窓/京人形)(浅草公会堂)
坂東玉三郎新春特別舞踊公演(元禄花見踊/秋の色種/鷺娘/傾城)松竹座)

【文楽・人形浄瑠璃】

文楽1月公演第一部(平家女護島/摂州合邦辻/他)(大阪文楽劇場)
文楽1月公演第二部(良弁杉由来/傾城恋飛脚)(大阪文楽劇場)

復活狂言「左馬之助湖水渡りの段」(淡路人形座)
【宝塚】
雪組「ひかりふる路」 日比谷(東京宝塚劇場)
【演劇】

PLUTO 渋谷(シアターコクーン)
【講演会】
「劇的なるものをめぐって2」上映会、鈴木忠志x渡辺保トーク(大隈講堂)
【映画】
試写「オー! ルーシー」
【美術館・博物館】
国際大塚美術館
淡路文化資料館
今月のMVP=豊竹呂太夫
「平家女護島」の鬼界が島の段、つまり歌舞伎でいうところの「俊寛」ですが、
この最初の語りの迫力と重低音の威厳が素晴らしかった。私は今までと違った呂太夫を感じました。
襲名によって大きくなられたのかな、と、改めて感服いたしました。
今月の最優秀作品=「勧進帳」
新幸四郎が初役で臨む弁慶。やりたくてやりたくて、でもお父さんが譲ってくれなくて、
富樫や義経を何度やってきたことか。その気持ちが爆発する舞台に、叔父の吉右衛門が富樫。
この富樫の大きさがまた、今まで見たこともないような巨大な壁でした。
美しい若者・新染五郎の、初々しい中にも品のある義経も眼福。

舞台の最近記事

  1. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  2. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

  3. 「神の子どもたちはみな踊る」@よみうり大手町ホール

  4. 7月・カンゲキのまとめ

  5. 「氷艶2019」@横浜アリーナ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP