映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 17 view

「モーツァルト!」(井上/涼風)@帝国劇場

今期初の「モーツァルト!」です。
3年前と同じ音楽、同じキャストで見ながら、
こんなにも受け止める感情が違うなんで、思いもしなかった……。
井上バージョンは、才能溢れる男としてのモーツァルトだ、と
そんなふうに思っていた私。
自分の才能を確信しながらも「音楽」をつかみかねて葛藤するのは、
どちらかといえば中川バージョンのほうだというふうに。
ところが。
今期の井上モーツァルトは、
前よりずっと「アマデ」との距離がある。
自分のなかの「天才」を御しきれずに苦しみぬくモーツァルトなのだ。
最後、「レクイエム」をアマデ抜きで作曲しようとするところなど、
以前はそういう演出であるとまったく気付かなかった。
苦しんで、苦しんで、苦しんで。
そして最期に「アマデ」と同化していくことの意味を深く深く思った。
市村パパとの親子の感情も前より細やかになったと思う。
ありのままの自分を評価してほしいという気持ちが
単なる押し付けや、愛情の要求だけだなく、
父親に対する溢れんばかりの愛情でもあると感じられた。
以前私は中川バージョンを見て
彼の「影」は井上くんじゃないか、というように書いたけれど、
中川くんという長年の片翼を失って、
井上くんこそ中川くんという「影」を意識することになったのではないだろうか。
それは決して悪いことではない。
「モーツァルト!」は2人で1つのものを創り上げた名作といってよい。
今期演じない中川くんのクリエーションも含め、
井上くんはきちんと身体に入れて演じている、ということなのかもしれない。
そして、
新しく参入した山崎モーツァルトも序盤から高い評価を受けているようだ。
こちらも楽しみ!
それにしても……。
やっぱり山口さんと涼風さんは別格だな~。
「モーツァルト!」はとにかく楽曲が優れているので、
それを朗々と歌う力を持っているお2人は、
ただ1曲ですべてをもっていかれます。
「星から降る金」は、ほんっとに名曲!
あと、
hiroのコンスタンツェもかなりよくなったと思います。
やっぱりSpeed節になってしまうところはあるのだけれど、
あと、低弱音は音程が厳しいものも見られますが、
コンスタンツェの悲哀はしっかり出ていたと思います。
まだ公演序盤で、アンサンブルメンバーが歌うソロ部分が安定していないのが
ちょっと気になりました。
アロイジァ役の秋園美穂さんは素晴らしい喉を披露してます。
しっかしあれからもう3年も経ってるのね~。
去年くらいだったようにさえ思っていました。
ものすごいインパクトのある作品です。

舞台の最近記事

  1. 内博貴主演「シェイクスピア物語」

  2. 演劇界休刊の衝撃

  3. 動画配信を始めました。

  4. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  5. 8月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP