映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 7 view

「アントニーとクレオパトラ」蜷川演出が決定

今年の10月に、さいたま彩の国芸術劇場での公演が決まりました。
その後、韓国でもやるそうです。
アントニーには吉田鋼太郎、クレオパトラは安蘭けい、です。
アントニーを演ずる吉田は2009年、自ら主宰する「AUN」で
やはり宝塚出身の安寿ミラをクレオパトラに迎え、主演しています。
その公演については、
世田谷クリップ(FM世田谷の番組)で、安寿さんと植本潤さんと3人で
楽しくお話されています。
このお話を聞くと、「アントニーとクレオパトラ」について
すごくよく理解できるので、一度お立ち寄りをおススメします。
35分くらいの番組です。
この前、平幹二朗さんのアントニー、松井誠さんのクレオパトラで
この演目は観たばかりなのですが、
吉田さんのアントニーも想像がつくというか、お似合いな気がします。
主人公はアントニーですが、
このお話が成功するか否かは、
とにかくクレオパトラの造形一つ。
日本人の持つクレオパトラというイメージを生かすにしても壊すにしても
「なるほど、これがクレオパトラね」と納得させられるかにかかっています。
番組内で安寿さんもおっしゃっていますが、
このクレオパトラはかなりむずかしい役。
安蘭さんがどう料理するか、楽しみです。
それ以前に、
蜷川さんがどう料理するかも興味津々ですが。
「カエサル」でセルヴィーリア役の高橋惠子さんが見せたような、
威厳と美しさと、さらにお茶目さと色気を共存させた魅力を
私は期待したいです。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP