映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 8 view

「お前は仇じゃ」@宮沢茶々

大地康雄の柴田勝家が死んでしまってからというもの、
日曜夜といえば大河ドラマ「江(ごう)」ではなく、
日曜劇場「仁(JIN)」を連想する今日このごろ。
とはいえ、時々は「江」も見ています。
夕べとうとう茶々も母となり、淀城の主ともなったわけですが、
その2回ほど前、
茶々がどうやって秀吉の思いを受け止めるか、という下りのハイライトが
「お前は仇じゃ!」
……といいつつ秀吉にくらいつくところであります。
まあ、かなりしつこかったというか、
秀吉、もうあきらめたって言ってるのに
「どうして諦めんのよ! あたしのことそれくらいしか思ってなかったの?」
と逆切れする始末で、
ちょっとどうかなって思ったんですが、
そのあとですね。
秀吉が「仇だからこそ、あなたを命がけでお守りいたします」と
跪きながら腰を抱いて上目遣いで茶々をみつめるところ。
これ、「リチャード三世」だわ。
リチャード三世、ヘンリー六世を討つ。
ヘンリー六世の棺の前のアン。
アンは夫のエドワード皇太子を、既にリチャードに殺されている。
この未亡人のアンに対し、
リチャードが求愛する場面である。
秀吉はリチャードみたいに「お前のために殺した」とは言わないが、
「あんたのことは昔から好きだった」は同じ。
下手に出ながらも権威とねちっこさでからめとるように、
茶々を獲得していく。
茶々が「お前は仇じゃ」とプライドを捨てずに叫びながらも、
秀吉の軍門に下っていくところは、
アンの中の矛盾そのもの。
シェイクスピアが、棺の前でのほんの数分で女を心変わりさせるのに対し、
大河は随分と時間をかけてここまでやってくれました。
シェイクスピアは3時間、大河は1年50時間って、この差でもありますね。
主人公の江いえば、甥っ子の誕生に
相変わらず「やった、やった~!」と秀吉と手をとりあってぴょんぴょんはねる、
斬新すぎる大河ドラマではあります。
来週から、秀忠役でゲゲゲのおさむくんが登場します。
新しい風、吹くんでしょうか?

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP