映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 11 view

「薮原検校」@世田谷パブリックシアター

「薮原検校」は、井上ひさしの作品。
以前、蜷川幸雄演出、古田新太主演で観ています。
今回は、栗山民也演出、野村萬斎主演。
どちらがどう、ということではなく、
やはり「初見の衝撃」というものは超えようがなく、
その意味では、
脚本がしっかりしているだけに、知っている道を辿るほうが感動は少ない。
しかし、
蜷川演出がいわば「見せ場」で押したとすれば、
栗山演出は「道筋」で語った、というくらいの差はあった。
語りを担当する盲太夫は、浅野和之。
蜷川版の壌晴彦は、「語りのプロ」として圧倒的な存在感を持ち、場を取り仕切った。
それに比べ、浅野は「場を支える」感じ。やさしく、丁寧で、軽妙だった。
どちらも味があり、甲乙つけがたい。
古田と萬斎も、全然違うアプローチながら、いずれも魅力的。
古田さんってのは、ほんとにつかみどころがないけれど、インパクトある。
実は私は、今まであまり古田さんの「薮原検校」をあまり買っていなかったのだけど、
今回、萬斎さんのバージョンを観て、古田さんの魅力に気づいた点も多かった。
特に終盤、クレッシェンドしていくあの破滅的なエネルギーは
彼だからこそ出せるものなのかと痛感。
破天荒な古田に比べ、萬斎は実に丁寧。
彼の鍛えられた喉や肉体は、この主演にもっともふさわしかったと思う。
(五木ひろしから森進一のものまねまで披露するとは思わなんだ。さすが「笑い」のお人! チャーミング)
面白いのは、
古田も萬斎も、「リチャード三世」を主演しているというところ。
のぼりつめる一歩手前で殺人を目撃され
「金ならある、金ならある!」と叫ぶ姿はまさに「馬引け!」をほうふつとさせたから、
奇妙な感覚に襲われた。
ファム・ファタルのお市は、田中裕子に軍配かな。
これは好みかもしれない。
リアリズムに徹した秋山菜津子に比べ、
田中裕子のあの「掃き溜めでもツル」みたいな光り輝く美しさの表現は、
目の見えない杉の市(後の薮原検校)だからこそ、
彼女の「声」だけに象徴される存在美を私たちに見せてくれたような気がする。
私は、それが好みだった。
そして、「群衆」。
私が前見たときもっとも感動した第2幕の入りの「日本橋」の場面。
あれは、蜷川さんの勝ちだったな~。
人数も大事と知る。
ラストの「三段切り」も、蜷川版のスピード感とオゾマシサには届かなかった。
群衆の気持ちと、観客の気持ちの一体感、共通感の差が出た。
それにしても。
私、「歌」を覚えていたんだよね。
井上ひさしの音楽劇の「音楽」は、「ひょっこりひょうたん島」くらいしか評価してないんだけど、
覚えてた。
これ、すごいことだ。
「ミュージカル」だって、一つも印象的な曲がないものがあることがあるのに。
ちょっとおみそれしました。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP