映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他のカルチャー
  2. 9 view

伊達vsヴィーナス@ウィンブルドン

夕べ、テレビをつけたらちょうど始まるところだった
クルム伊達公子とヴィーナス・ウィリアムスのウィンブルドン二回戦。
伊達のあまりの好調さについついひきこまれた。
途中で生中継でないとは知ったが、
それでも目が離せない好ゲームで、
まったく眠気も吹き飛ぶ始末。
とうとう午前3時半まで、全部見てしまった。
結果は7-6、3-6、8-6のフルセット敗退。
1セット目、取ったとはいえ
5-1からダブルフォルトで落としたサービスゲームが
なんといっても痛かった。
ここですんなり1セット目を決めていれば、
その後の体力にかなり違いが出たのではないだろうか。
あそこでああしていれば、は言うまい。
それをさせないのがヴィーナスの強さだ。
主導権を握っていたラリーでの決め球が
おもしろいように決まっていた序盤に比べ、
その後は、「狙いすぎ」「押され気味」「ヴィーナスの慣れ」
いろいろ理由はあろうが、
肝心なところでミスが出てしまった。
強打がライジングで合わせられて、かえって不利と感じ取ったヴィーナスは、
3セット目あたりから少しスピードを落としてくる。
そのため、タイミングがずれてきたのも痛かった。
サービスゲームも何度もブレイクチャンスを与えてしまう。
私は復活してから今までの伊達のパターンとして、
1セット目をあれだけ競ってしまったら、
最後まで体力が持たず、尻すぼみになるのでは、と予想していた。
ふつう、5-1から5-5に並ばれた、その時点で緊張の糸は切れる。
だが彼女は耐え、タイブレークに持ち込んで先行、1セットを取りきった。
2セット目、サービスゲームを落としたツケは最後まで埋まらなかったが、
大きく離されることはなく、3-6。
そして3セット目。
明らかにミスが多くなる。
ヴィーナスの球威に押され、きわどいコースが決まらない。
何度も、何度も、窮地に立たされ、アドバンテージを取られながら、
それでも彼女は一球、また一球、と返していく。
途中で気がついた。
ヴィーナスに点を取られたとき
「やっぱり体力が」「やっぱり球威が」「やっぱり後半は」
「やっぱり…」とあきらめようとしたのは、私のほうだった。
見ている私はすぐにあきらめる。
でも、伊達はあきらめない。
彼女は、決して、あきらめない。

自分に限界を設けない。

あと1点取られたらおしまい、というがけっぷちにあって、
「自分はできる」と確信できる、力。
自分を信じられる、力……。
彼女の強さはそこにある。
以降、私は彼女の大切なポイントの前に
「自分に限界を設けない」とつぶやくようになった。
伊達は、見事にポイントを重ねていく。
とられても、とられても、その次のポイントを勝ち得て並ぶ。
負けないテニス、なのである。
6-6まで並んだとき、
「さあ、タイブレークだ!」と思ったら、
なーんと、ファイナルセットにタイブレークはなかった。
あと2セットとらなきゃいけないのか~。
大変だな~、と思った。
最終的に、ヴィーナスが勝った。
けれど、
負けた気がしない。
伊達のテニスは球種に富み、戦術に長け、魅力的だった。
最後の1ポイントだって、
あのダウンザラインがあとちょっと内側にコントロールできてれば、
見事なエースである。
もちろん、
それをさせなかったのはヴィーナスの力で、
だから彼女が勝ったわけだけど。
見ごたえのある試合だった。
まず、
3時間半、闘い抜く40歳の体力と精神力に脱帽。
こういうのを、「勇気をもらう」っていうのだろうか。
これから私も、
「もうダメだ」とか「どうしてこうなるんだろう」と思ったとき
「自分に限界を設けない」と自分に言い聞かせることにした。
かつて
復活したクルム伊達が全日本で優勝したときに
「伊達のすごさを讃えるよりも、ほかの若手が不甲斐なさ」を書いた私だが、
今回思いました。
日本とか、若手とか、もう全然凌駕しちゃってます。
パワーとスピードで
ベースラインの打ち合いと強烈サービスだけに成り下がった今のテニスに
彼女は喝を入れてくれるでしょう。
「あんなテニスをやりたい」と
世界中のテニス愛好家たちがあこがれることでしょう。
伊達は、世界の宝です。
これからも、怪我に気をつけて、
魅力的なテニスを続けてください。

その他のカルチャーの最近記事

  1. 「知らない人」を入れることになったキアリス

  2. 朝ドラ「べっぴんさん」見てますか?

  3. 「乙女のポリシー」@美少女戦隊セーラームン

  4. 「あさが来た」と「エースをねらえ!」

  5. 朝ドラ「あさがきた」がスカーレット・オハラな件

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP