映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 16 view

「きょうは何の日?」の熊川哲也

みのもんたの「思いッきりイイテレビ」(改名したんですね、この番組)の
1月29日の「きょうは何の日?」に
熊川哲也が出ていました。
1989年1月29日は、熊川哲也がローザンヌバレエコンクールで金賞を獲得した日として。
もう、19年になるんですね。
テレビの中の、一人の少年の踊りに釘付けになったあの日から。
「きっとあの子は、将来日本のバレエをしょって立つんだろうな」と確信した日から。
ナマでバレエを見たこともなく、
英国ロイヤルバレエ団も知らず、
だから英国ロイヤルバレエスクールも知らず、
ローザンヌバレエコンクールが何であるかも知らず、
そんな私が、「熊川哲也がバレエダンサーになったら1回は見に行こう」と思った日。
まだ「スクール」にいるんだから、
ダンサーになるのは、5年後くらいかなー。
真ん中で踊るのは、10年後くらいかなー。
……などと思っていた。
「ダンスマガジン」の存在も知らず、
すぐにロイヤルバレエ団に入団したのも知らず、
じきに受賞の凱旋公演(ガラ)があるのも知らず…。
あの頃産んだばかりだった娘は、この春高校を卒業します。
熊川哲也も、私が彼の存在を知った時の年齢を超えました。
私の中では、
彼はいまだにヤンチャでイタズラ好きな少年なのですが、
世間ではすでに、大御所なんですね。
彼も、歴史になったんだなー。
*番組内で、ローザンヌコンクールの熊川のパフォーマンスに対して、
「禁止されていたのにも拘わらず拍手が出た」とのナレーションがありましたが、
 よく放映される(今回も放送された)決選時のことではなく、
 準決選の時のことです。決選では、拍手されることは禁止されていませんし、
 ほかのコンペティターに対しても、拍手は起こります。
*ローザンヌバレエコンクールは、優秀者にスカラーシップを与えるのが目的のコンクールです。
 金賞(ゴールド・メダル)は、毎回出る賞ではありません。
 最近は、ずっと出ていないのでは?

舞台の最近記事

  1. 内博貴主演「シェイクスピア物語」

  2. 演劇界休刊の衝撃

  3. 動画配信を始めました。

  4. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  5. 8月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP