映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 10 view

今年を振り返って

今年は全部で101の舞台や映画を観ました。
本を書く時間をつくったり、
後半は親族の入院があってチケットをとっても観られなかったり、
いろいろあって思ったより少なかったです。
ふり返って一番何が印象に残ったかと言われたら、
私は嶋大夫の「岡崎」(伊賀越道中双六)の義太夫節を挙げたい。
浄瑠璃って、こんなに自由自在なロックだったと思い知らされた。
年の瀬に見た玉三郎のおかるも衝撃的だった。
仮名手本忠臣蔵は、何百年も演じられているけれど、
役者が自分なりの魂こめることで、いつも新鮮で、古びることがない。
そんな歌舞伎の真髄に触れた気がした。
「鉈切丸」での森田剛も忘れがたい。
忘れがたいといえば、「盲導犬」の木場勝己も忘れがたい。
バレエでは、Kバレエユースの第一回公演
若いダンサーたちが、熊川のDNAを受け継いでくれていると思うとうれしい。
映画は数が少なくてMVPを選ぶのもおこがましいが、
私は圧倒的に「風立ちぬ」を評価したい。
悲痛なまでの個人主義映画。
「創造的十年」は私の座右の銘になりそうだ。
いいことも悪いことも、自分のやったことに覚悟と責任をもち、
それでもとにかく、生きていく。
Le vent se leve. Il faut tener de vivre,
なのである。
個人の自由が急激に狭まろうとしている今、
宮崎駿が「風立ちぬ」にこめた意味を噛みしめる。
風が吹こうが、槍が降ろうが、私たちは生きていくのである。
力の限り、自分らしく。
2014年、日本人から自由が奪われませんように。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP