映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 5 view

8月・カンゲキのまとめ

今月は若手のパフォーマンスをたくさん見ることができました。
歌舞伎7、バレエ2、ミュージカル3、コンサート2、イベント1で久しぶりの15件。
【歌舞伎】
第二回「翔の會」(「藤娘」「雨の五郎」「安宅」)@国立能楽堂
八月納涼歌舞伎第一部(「おちくぼ物語」「棒しばり」)@歌舞伎座
八月納涼歌舞伎第二部(「ひらかな盛衰記~逆櫓」「京人形」)@歌舞伎座
八月納涼歌舞伎第三部(「芋掘り長者」「祇園恋づくし」)@歌舞伎座
大阪上方歌舞伎勉強会(通し狂言「双蝶々曲輪日記」)@大阪文楽劇場
スーパー歌舞伎「新・水滸伝」@新歌舞伎座(大阪上本町)
第一回双蝶会(「毛谷村」「舟弁慶」)@国立劇場小劇場
【バレエ】
「オーチャード・バレエガラ~JAPANESE DANCERS」@オーチャードホール
「横浜バレエフェスティバル」@神奈川県民ホール
【ミュージカル・音楽劇】
ミュージカル「グッバイ・ガール」@東京国際フォーラムC
ミュージカル「貴婦人の訪問」@シアタークリエ
音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」(演出:蜷川幸雄)@シアターコクーン
【コンサート】
オーチャード・ミュージカル・ライブ@新宿ReNY
沢田研二ライブ「そっちの水は苦いぞ」@東京国際フォーラムA
【イベント】
TAKARAZUKA SKY STAGE公開録画「JURIのいつでもどこでもトークでも」(朝夏まなと)@ヤクルトホール
【美術館・博物館】
「歌舞伎で震える怪談噺」@曳山博物館(長浜市)
「初代中村鴈治郎展@大阪歴史博物館
【映画】
「インサイド・ヘッド」@TOHOシネマズ歌舞伎町
【試写】
「ナイトクローラー」
今月は、音楽に浸った1カ月でありました。
まだまだ現役で、天性の甘い歌声を維持し、
大ヒットした「TOKIO」や「追憶」(♪ニーナ~、の歌)を歌うジュリーに惚れ惚れ。
かと思えば、
「青い種子は太陽のなかにある」のマリー役、
花菜の圧倒的な声量とセクシーな歌声にノックアウト。
また、伸び盛りの若い人たちの舞台もたくさん観ました。
ということで、
MVPはほんとに迷ってしまいますが、「双蝶会」の「舟弁慶」に。
種之助の清廉な静御前、全身から静への愛を醸し出す染五郎の義経、
二人の間を割って入るも誠実みなぎる又五郎の弁慶。絶品でした。
最優秀作品賞に「青い種子は太陽のなかにある」
1度しか上演されず、戯曲が未発刊だった寺山修司の音楽劇を再び上演するにあたり、
音楽を松任谷正隆にオファーした蜷川幸雄がすごすぎる!
松任谷正隆が寺山修司の詩に曲をつけるとは、よくそんなこと考えつくというもの。
俳優陣もぜいたくすぎるほどのカオス。
亀梨和也を主役に、アンカーは昭和の生き証人としての戸川昌子御大。
市田夏江なんか、もったいなさすぎるくらいチョイ役!
新人賞には、横浜バレエフェスティバルでタリスマンよりニリチのヴァリエーションを踊った永久メイに。
彼女は2013年YAGPファイナルゴールドメダル1位。まだ若いけれど、その脚ののびやかさが光った。
敢闘賞には、上方歌舞伎会の「引き窓」で南与兵衛を演じた片岡松太朗に。
表情の作り方、仁左衛門丈にそっくり。どんなに稽古したかがしのばれました。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP