映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 10 view

リビングBOOK大賞投票締め切り間近!

昨年の12月1日から始まったリビングBOOK大賞の最終投票期間が、
とうとう大詰め!
来週の1月31日まで、と、あと一週間に迫りました。
5人のBOOK大賞応援隊ブロガーの一人として、4冊のノミネート作品をご紹介してきましたが、
今日は自分なりの感動した!ランキングをやってみたいと思います。
第1位「象の背中」
これ、予想外。映画を見て、まったく共感できなかったもので、
「確認」くらいの気持ちで読んだのですが、
面白くて面白くて。
いやぁ、秋元康さん、御見それいたしました。
第2位「月のうた」
話者が変わりながら、少しずつお話が進んでいく構成が新鮮でした。
心にちりっとした痛みを持って生きていることを
大切にしたいな、と思わせた佳作です。
第3位「消えた年金を追って」
もっとも期待して読んだ本。ちょっと資料が多かったかなー。
前半は面白かったです。
第4位「まこという名の不思議顔の猫」
はっきり言って、「読む本」ではなくて、「見る本」だったし。
猫好きの方にはいいかも。
他のブロガーさんの紹介を読んで、
読みたくなった本のランキング

第1位「一瞬でいい」
第2位「有頂天家族」
第3位「下流社会 第2章」
第4位「しゃばけ」
第5位「中国の危ない食品」
番外「幻夢(イルシオン)」・「天樟院篤姫」
応援隊になってよかったなーって思ったことの第一番は、
また小説を読むようになったことです。
最近、ノンフィクションばかり読んでいて、
小説に疎くなっていたのですが、
「やっぱり、小説っていいな」と思うきっかけになりました。
もう一つ、
他のブロガーさんと交流を持てたこと。
みなさんブログに特徴があって、とても刺激を受けました。
彼女たちとは、これからもずっとおつきあいしていきたいです。
今週のお当番は、次の方々です。
有閑クーネルシネマさん → 「鉄板病

コニコの喫茶店さん → 「有頂天家族

ちーたんママ → 「マルイチ

投票は、こちらまで。
来週木曜日、1月31日まででーす!
http://plaza.rakuten.co.jp/chitanmama/diary/200801250000/

本の最近記事

  1. 「桜桃忌」に寄せて

  2. 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」@村上春樹

  3. 「ヴィヨンの妻」@シネマナビ342

  4. 「人間失格」@シネマナビ342

  5. ユゴー「クロムウェル序文」と「エルナニ」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/nakanomari/gamzatti.com/public_html/wp-content/themes/zero_tcd055/comments.php on line 145

PAGE TOP