映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 14 view

旅先の古本屋さんにつかまる

この前大阪に行ったときは、
国立劇場の前の古本屋さんで6冊買ってしまいました。
1冊100円の文庫・新書が3冊と、けっこうなお値段のハードカバーを3冊。
そのうち4冊は読破。今5冊目です。
もうすぐ最後の一冊に手が届く・・・というときに、
奈良で、またまた買ってしまいました。
今回は、1冊200円が8冊で1600円とお値打ちなんですが、
…重いんですよ。全集なんで。
結局、宅急便で送りました(汗)。
もちろん、ほかの荷物も一緒に詰めましたけど(笑)。
それを含めても1冊あたり400円にしかならないよ~!
「歌舞伎十八番」
「近松浄瑠璃集」(上下)
「曽我物語」
「西鶴集」(下のみで上はなかった)
「方丈記・徒然草」
「歌舞伎脚本集」(上下)
方丈記は、今読むべき本、と聞いたので、またじっくり読みたくなり、思わず。
あとは、なかなかお目にかからないものなので、思わず(笑)。
いずれも、昭和30年前半配本の日本古典文學大系(岩波書店)です。
この時代に1冊450円~1000円って、すごいな~。
さて、これは読み終わるのか??
とりあえず、方丈記→曽我物語は読んでみよう。

本の最近記事

  1. 「桜桃忌」に寄せて

  2. 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」@村上春樹

  3. 「ヴィヨンの妻」@シネマナビ342

  4. 「人間失格」@シネマナビ342

  5. ユゴー「クロムウェル序文」と「エルナニ」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP